GRAND MAJESTY400 PIPE | マフラー開発奮闘記

GRANDMAJESTY 400 POWERBOX PIPE編 其の八

★パワーウェイトレシオってやつの改善だね!★

できた、できた。
やっと完成だ。

いやぁ〜、たったこれだけの部品なのにここまで変わるか!
この加速、このパワー、まるで車体が軽くなったようだ。
これはまさにパワーウェイトレシオってやつの改善だね!

本当にすがすがしい走りだ。
もし興味のあるGRANDMAJESTY400オーナーさんは、
いつも小川くん達がやってる
ライドオンキャンペーン試乗会で試着をしてもらうと良いよ!

gmaje400pipe_08.jpg title=

 


GRANDMAJESTY 400 POWERBOX PIPE編 其の七

★エキゾーストパイプがくねくねだ★

ここまでやるか! 
エキゾーストパイプがくねくねだ。
良くここまで曲げる事ができたなぁ~! 凄い。

もっとも、右手と加速が連動する長さ
 “気持ちイー!” 走りを引きだすための究極の寸法を
このスペースに納めるために必死だったんだなぁ~。
開発スタッフに感謝、感謝。

シャーシダイナモ(出力特性測定機)では、
 思いどおりの性能をきっちり導きだした!

さあ、後は実走行で確認だ。

gmaje400pipe_07.jpg title=

 


GRANDMAJESTY 400 POWERBOX PIPE編 其の六

★この基準でいくと、このパイプは失格だ。★

思った通りだ! とっても良い特性だ ・・・・・。
でもこれだけでは駄目なんだ。
例えばこうだ。
このGRANDMAJESTY1台だけで走っている分には最高に快適なんだ。
しかし、交通の流れに身を置くとどうなるか。

クルマのすぐ後ろについて走ってみる。
最初は40Km/hくらいの流れ、次に50Km/h、そして60Km/h。
それぞれの速度域の中で前走車との間隔を一定に保って
前のクルマが加速した際の追従性をチェックしていくんだ。
この時のアクセル開度が少なければ少ないほど
 “気持ちイー!” まずこれが一つの基準だ。

この基準でいくと、このパイプは失格だ。
パイプの長さを微調整、BOXの装着位置や容量を変えながら 
“気持ちイー!” 感覚を探りながら探り当てる。
うまくいけば1~2日。
掛かるときにはここだけで数日掛かる 博打だね。

gmaje400pipe_06.jpg title=

 


GRANDMAJESTY 400 POWERBOX PIPE編 其の伍

★基本的な性能を引き出さなければ★

そうなんだよ。そうは簡単にはいかないんだ。
BOXで最大限性能を引き出してみたが
極端に低い回転域に力強いパワーが引き出されたが
決して気持ちのいいものではない。

あまりにも低い回転域でパワーを引きだしたもので
中高速域へうまくつながっていかない
瞬間前に出るが、後はどんくさすぎる

やっぱりなにが何でもメインパイプの内径や長さを変えながら
基本的な性能を引き出さなければ製品は出来ないぞ!

太さや長さをどの位に変更すれば、俺が思う雄大で力強い性能が引き出せるか
ジョイントパイプを組み合わせながら探ってみる
出力特性を測定する機械シャーシダイナモで測定しながらベストを探る

よし、良いサイズが決まったぞ!

gmaje400pipe_05.jpg title=

 


GRANDMAJESTY 400 POWERBOX PIPE編 其の四

★BOXが綺麗に収まっている!★

どんなもんだい、すごいだろ!
BOXが綺麗に収まっている!
このパッケージならなんとか製品になりそうだ。

あとはメインパイプだけでは変化を起こせなかった性能を、
BOXがどこまで引き出してくれるか?

ここが勝負だ。

gmaje400pipe_04.jpg title=

 


GRANDMAJESTY 400 POWERBOX PIPE編 其の参

★完璧だと性能の変えようがない★

パイプの長さ太さだけで調整できる範囲の特性創りは完了した。
正直エンジンからサイレンサーまでの距離が短すぎて、
あまりパイプだけで性能の変化をつけることはできなかった。

あとはBOXの取付位置や大きさ、長さで性能を
引き出すことしかできないのだがどうもそれも難しい。
うまくBOXを着けられる場所が見つからないんだ。
一箇所だけなんとかなりそうな場所があるんだけど、
オートバイを寝かした時のバンク角が心配だ、道路に擦りそうな予感がするんだ。

gmaje400pipe_03.jpg title=

 


GRANDMAJESTY 400 POWERBOX PIPE編 其の弐

★全く隙のない素晴らしい完成度だけど★

だんだんわかってきたぞ。
このスクーター全く隙のない素晴らしい完成度だけど
唯一、若干の重さを感じる。
一番重さを感じる40km/h手前からフラットにパワーをだし
80km/h付近までつなげてあげるとさらなる快適。
気持ち良さが倍増してくれそうな気がするんだ。

そんなエキパイできるかな?
ちょっとがんばってくれよ

gmaje400pipe_02.jpg title=

 


GRANDMAJESTY 400 POWERBOX PIPE編 其の壱

★完璧だと性能の変えようがない★

へぇ~進歩してるじゃん!
こんなによかったっけ?
すごい完成度だ!
完璧なバランスだ!
乗っていてもパワフルで 楽チンだ。い~ねぇ!

・・・・・・・。

いやいやいや、これは大変だ。
全く良くないぞ。
こんなに完璧だと性能の変えようがない
下手するとすぐに改良どころか、
改悪になっちゃうじゃないか。
 まいったぞ。

gmaje400pipe_01.jpg title=

 


GRANDMAJESTY 400 POWERBOX PIPE編 序章

★ど~しても作って欲しいって?★

我が社にGRAND MAJESTY 400がやって来た・・・?
なんだ、なんだ、聞いてないぞ。

どうしたんだ?
MAJESTY250(4D9)のエキゾーストパイプが、
ことのほか好評でとあるYSP店の店長さんが、
GRAND MAJESTY 400にも ど~しても作って欲しいって?
ふ~む、そうなんだ。 
そこまで期待して頂いてるなら作ろうか!

gmaje400pipe_00.jpg title=

 


  • SP 忠男 上野店
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。