Ninja250 TwoTail | マフラー開発奮闘記

Ninja250  PURE SPORT TwoTail編 序章

★左右2本出しにしてみよう!★

Ninja250のPURE SPORTマフラーを開発している際に
気がついたことがいくつかあるんだ。
その中で、サイレンサー容量を極端に増やし
サイレンサーの排気効率をアップさせ、うまくバランスさせると
走りの快感が倍増するってことなんだ。
それを実現させるために今回はサイレンサーを
左右2本出しにしてみようと考えている。
さあ,どうなるか楽しみだ!

ninja250pstt00.jpg title=

 


Ninja250  PURE SPORT TwoTail編 其の壱

★気持良く走らせるにはかなりのリスクを伴う★

思ったとおりだ。
見事ににパワーがあがっている。
これは、サイレンサーを2本出しにし、容量を増やすことで
規制値内に音量を抑えながら排気効率を上げた結果だ。
これを実際に走らせてみるとメチャクチャエキサイティングだ。
7,000rpmからレッドに入れてレブリミッターまできれいに引張る。
これはこれでおもしろい。
ただ、これを公道で気持良く走らせるにはかなりのリスクを伴う
そう、これはsp忠男の求めるマフラーではない。

俺たちのマフラーはクローズドコースで思いっきり飛ばしても楽しい
でも最も大切にしていることは、公道で制限速度内で走行した際に
『 気持ちイー!』ここが重要だ。
このパワーラインをみても分かるように
いつもの走行で最も多用する3,500rpmから6,000rpmまでが
純正のマフラーを大きく下回っている、これではだめだ。
このパワーラインでは公道,ストリートを楽しくは走れない。

さあ、次ぎは3,500rpmから6,000rpmをしっかり上げて
『気持ちイー!』 を引きだしていこうぜ。

ninja250pstt01.jpg title=

 


Ninja250  PURE SPORT TwoTail編 其の弐

★ほとんど一から作りなおさないといけない★

口で言うのは簡単だけど、
実際に思いどおりの性能を出そうと思うと一筋縄ではいかない。
なんだかんだ、ほとんど一から作りなおさないといけないようだ。
マフラーの開発は本当に大変なんだ。

ninja250pstt02.jpg title=

 Ninja250  PURE SPORT TwoTail編 其の壱


Ninja250  PURE SPORT TwoTail編 其の参

★完璧なパワーラインだ。★

やっぱり、うちの開発スタッフは最高だ!
完璧なくらい俺の要望した特性を創ってくれた。
うっとりするくらい完璧なパワーラインだ。
これはテストが楽しみだ。

ninja250pstt03.jpg title=

 Ninja250  PURE SPORT TwoTail編 其の壱


Ninja250  PURE SPORT TwoTail編 其の四

★そのくらい愉快な性能だ。★

これはすごい!
クラッチミートからフラットに沸き上がるパワー
通常この手のマフラーは5,000rpm以下が、
がた落ちで1~2速ギアを下げないと
思ったように走れ無くなるものだが、こいつは違う。
徹底的に科学しセットアップされたエキゾーストパイプのおかげで
ストリートでの通常走行は3,000rpm以下からでも十分使えるし、
逆に1速以上高いギアを使える。
また1速1速の使用範囲が広くなるから、
まるで300cc、いやそれ以上のゆとりを感じる。
これなら長距離にいっても疲れが半減だ。
この特性だから少し大きめ排気量の車両と行動を共にしても
楽々ついていける、そのくらい愉快な性能だ。
しかもこの性能をそのまま維持して排出ガス試験や
事前認証の加速騒音試験もしっかりクリアしているのだから驚きだ!
要はこの性能でしっかりと法律上も公道走行ができるってことだ。いーだろ!
さあ、急いで量産化を進めるから、
みんな ライドオンキャンペーン に試乗にきてくれよな
きっと嬉しくなるぜ!

ninja250pstt04.jpg title=

 Ninja250  PURE SPORT TwoTail編 其の壱


Ninja 1000編 序章

  • 投稿日時:2011年02月02日
  • カテゴリー:Ninja1000

★なんだか、 Ninja 1000って、かっこいいよな★

忍者が、我が社へやってきた!

某バイク雑誌『Kawasakiバイクマガジン』とコラボレートでマフラー開発を行なう事となった。

あれっ?某じゃないじゃん!

なんだか、 Ninja 1000って、かっこいいよな。

な〜んて、つぶやいてたら、早速、番頭の大泉が『マフラー作ろう!』なんて、

バイクを借りてきちゃったんだ。

どうだい、 なかなかカッコいいだろ。こいつ!

nija1000_pb_00.jpg title=

 


Ninja 1000編 其の壱

  • 投稿日時:2011年02月09日
  • カテゴリー:Ninja1000

★なんだか、 Ninja 1000って、かっこいいよな★

パワーボックスタイプの強みを最大にいかして、

最もコンパクトで、最適な性能で、車検対応なマフラーを作ろうぜ!

ということで、今回まずはデザインから! 

どおよ! 

nija1000_pb_01.jpg title=

 


Ninja 1000編 其の弐

  • 投稿日時:2011年02月11日
  • カテゴリー:Ninja1000

★音を抑えることが出来るか!★

最高のデザインの追求から生まれたGPタイプのメガホンサイレンサー

さて、この小さな容量でどこまで音を抑えることが出来るか!

楽しみだ!

nija1000_pb_02.jpg title=

 

ninja_02_02.jpg title=

 


Ninja 1000編 其の参

  • 投稿日時:2011年02月21日
  • カテゴリー:Ninja1000

★この状態で100dBを大きく超える★

純正マフラーに大きな大きな消音ボックスがついているんで、

サイレンサーなんてカッコだけでいいかと思ったんだけど、さすがにそれは無理!

いま、この状態で100dBを大きく超える。

パワーボックス構造でどこまで音量を抑えることが出来るか?

そこが今後の開発に大きく影響を及ぼす。らしい。

ninja_03.jpg title=

 


Ninja 1000編 其の四

  • 投稿日時:2011年02月26日
  • カテゴリー:Ninja1000

★内径を下げると性能も落ちる★

サブチャンバーを設ける事で音量を抑え、さらに出力特性を変えるパワーボックス構造。

その効果は100dBを97dBまで抑える事が出来た。

しかし、ここからが大変。政府認証をクリアーするためにはあと5dB下げる必要がある

多分、この大きさしかないサイレンサー本体でさらに音を抑えるためには,

排気が通る部分の内径を下げるしかない。

だが、これを下げると性能も落ちる。

どうする?

ninja_04.jpg title=

 


1 / 212
  • SP 忠男 上野店
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。