MAJESTY | マフラー開発奮闘記

MAJESTY 編・序章

  • 投稿日時:2006年06月03日
  • カテゴリー:MAJESTY

★ 超トルク型で!★

 なんか最近マジェスティーやフォルツァのPURE SPORTを開発してくれって話がかなり多いんだ。あの楕円の格好が良いのかと思いきや、どうもそれだけじゃないらしい・・・。今、おかげさまで絶大なる人気を得ているシルバーウイング600用のPURE SPORTの評判を聞いたユーザーたちが、そのトルクの太さを求めているらしいんだ。マジェスティーやフォルツァの場合、マフラーを変えたあと、ほとんどのマフラーがトルクが落っこちてエンジンがうなるだけで加速が激落ちらしい。うるさいは疲れるはで嫌気がさしてるって話だ。でも、うちのCAR TAILやTYPE Gは、そんなこと無いんだけどな・・・。まあいいやっ、シルバーウイングみたいな特性がいいっていうんなら、一発作ってみるか!超トルク型で!鼻くそほじくりながらでも、メッチャ良い加速するスーパーマフラーを!!

・・・乞うご期待!


MAJESTY 編・其の壱

  • 投稿日時:2006年06月03日
  • カテゴリー:MAJESTY

★ 面白いマシンに…!! ★

 久しぶりにマジェスティーに真剣に乗ってみたぜ。
今回は開発の方針を決めるために結構まじめに乗ったんだ。すると、基本的にはパーフェクトに良くできているんだけれど、いくつか気になる点が浮かび上がったんだ。
 大きなところで、その一つ目が、スタートから加速をしていくと35km/hを超えたあたりから加速が鈍る。当然一定の加速を維持しようと思うとアクセル開度が大きくなる。これがまず一つ目のウィークポイント。この特性のおかげで、たいしてdbのいっていないマフラーでもかなりうるさく聞こえるし、なにより走りがかったるい。まあこれは、シルバーウイング600でも同じ傾向にあったから、解決の方法は頭に入っているんだ。
 そして65km/hくらいまでの間のアクセルOFFからonにしたときのラグ。これもみんな遠心クラッチのせいだとあきらめているみたいだけど、たぶん解決できる。

 まあ、ここいら辺を中心に開発すれば、かなり前向きに面白いマシンに変わると思うぜ・・・。


MAJESTY 編・其の弐

  • 投稿日時:2006年06月03日
  • カテゴリー:MAJESTY

★ 力強いトルクを引き出せ!★

 変速装置にプーリーを使った車両の場合、一般のミッション付車両の方程式はまったく当てはまらないんだ。何しろ、トルクのあるなしに関わらず、回転が上がっていけば勝手に変速していってしまうのだからたちが悪い。最近、いろんなメーカーのマフラーをつけたユーザーからよく言われる「加速がかったるい」とか「アクセルを大きく開けないと走っていかない」とかっていうのはこれが原因。ピークパワーは上がっているはずなのにね。
 それでは、俺が今回のPURE SPORTを開発するにあたり担当者に何を指示したかというと・・・、極低回転時(ドン底)のトルク、ここを徹底的に強化しろ!である。まずこれが基本。で、あとはそれから考える・・・っていうことで、早速この指示に従って開発をさせた一発目の試作が上がってきた。それではテスト、テスト。

 な〜るほど・・・あまい、あまいっ。
ま〜だ、今までのマフラー特性を引きずっている。

 まずは、一切高回転のパワーを考えずにもっともっとドン底のトルクを上げるんだ!35km/hからのスピードの落ち込みを完璧になくす。いやっ、それどころか、ここからでも一定のアクセル開度で加速をしていかせるぐらい力強いトルクを引き出すんだ。

 さぁ〜あ、がんばれよ!!


MAJESTY 編・其の参

  • 投稿日時:2006年06月03日
  • カテゴリー:MAJESTY

★ 試作第2段!★

 さぁ、あれから必死になって開発を行ってもらった。やはりエキパイはかなり長くなる傾向だ。まあ、いざとなればシルバーウイングのときのようにとぐろを巻かせればなんとかなる。大事なことは、何はともあれ性能 !!
・・・ということで、第2弾目の試作に乗ってみた。

・・・お〜おいいね!スピードの落ち込みが少なくなってきて、走りに余裕がでてきたぜ。かなりいい傾向だ。これは、もっともっとこの域のトルクを出せば、かなり面白くなるぜ。

もうひとがんばり、やってもらおうかね !!


MAJESTY 編・其の四

  • 投稿日時:2006年06月03日
  • カテゴリー:MAJESTY

★ 300cc、いやそれ以上?! ★

 なるほど・・・、長さだけでは対応しきれなかったと見えて今回は2サイクルのように各位置の太さやテーパーの角度までいじってきた。そう、そう、そうこなくっちゃ!これをいじりだすとやっと本格的に開発が始まったって感じがするぜっ。それでは乗らせてもらいますか・・・。

 ふふ〜ん、いいね〜、おもしろいね!
 アクセルの開度に比例して加速をしていくね。この感覚、まるで300ccだね・・・いや、それ以上かもしれないな。ただ、50km/h付近でほんの僅かだがアクセルON/OFFにたいしてエンジンの着きが遅れる。ノーマルの全然着いてこない状態よりは完璧にいいんだけど、やっぱり、せっかくだからここんところも改善してもらおうかっ。

 要は、トルクの強い範囲をもう少し上まで伸ばすってことかな!


MAJESTY 編・其の伍

  • 投稿日時:2006年06月03日
  • カテゴリー:MAJESTY

★ ストレスが一気に解消!★

 ほ〜んとにこれ、300ccか350ccなんじゃないの!?この前指示した速度域の着きを改善したら、本当に良くなった!

 今まで、スピード調整でアクセルを閉じると、少しエンジンがうなってからその速度にエンジン回転が追いついていたようなところが、今回からはエンジンがうなることなく瞬時に回転が同調する。まるで、ミッション付の車両に乗っているようで気持ちがいいし、回転が常に安定して走れるから走りに余裕が生まれる。いや〜楽だ!しかも、のほほ〜んとしているのにけっこう速い。な〜んか不思議な感覚だぜ!

 もう一つ、のほほ〜んとさせる理由があるのがサウンドだ。PURE SPORT系の高効率サイレンサーで、よ〜く消音されているのと同時に、強力なトルクを生かしてスピードを乗せることが出来る。これが理由だ。エンジンがまったくうならないまま軽々加速をこなす、これが最高に気持ちいい!こいつに乗っているとストレスが一気に解消させられるって感じだぜ。

 さあ性能は完璧に出来上がった。今度は最後の仕上げ、デザインだ。本来ノーマル車両が持っている機能を完璧に優先し、さらにバンク角の確保を行いながらデザインを仕上げる。これも結構大変な作業なんだ。

 まあ、もう少し時間が掛かるが、ゴールは見えたってかんじかな。


MAJESTY 編・其の六

  • 投稿日時:2006年06月03日
  • カテゴリー:MAJESTY

★ ストレスが一気に解消!★

 シルバーウイングの様に、とぐろの巻き方を変えながら、サスが沈んだ状態でもしっかりバンク角を確保。性能を優先させながら最高のスタイリングに仕上げることが出来て、かなり満足しているんだっ。

 その走りとデザインで、新作「MAJESTY 用 PURE SPORT」も、きっとみんなに気に入ってもらえると思うぜっ!


  • SP 忠男 上野店
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。