CRF250L POWERBOX | 忠さんのマフラー開発奮闘記

CRF250L POWERBOX サイレンサー編 其の七

★トルクラインが綺麗に繋がった!★

キタキタキタ! トルクラインが綺麗に繋がった!
こうなると俄然走りが楽しくなる。
右手とエンジン、右手と後輪が直結しているようで最高に気持ちイー!
サイレンサー手前のテーパー部分と
POWERBOXパイプをつなぐ部分の長さをミリ単位に調整し
この完璧な性能を引き出したんだ!
林道を走ってもギャップ越え
や水たまり越えが最高に楽しい!
ダートでのリアスライドも案外上手にできるようになった。

田舎道を50~60Km/hで走るときはトップギアを選択して
淡々とどこまでもどこまでも走り続ける。
この豊かなトルクを活かした走りが
このパイプ最大の魅力なんだ。
このサイレンサーとパイプの組み合わせ、そう無敵の組み合わせだ。

サウンドも大人のライダー向けにジェントルに抑え込んだこれがまた心地よい。
あのビッグシングルエンジン独特の破裂音は一切しない心地よいの一言に尽きつ。

さあこのPOWERBOXサイレンサー週末のライドオンキャンペーンで
試着できるように早めに用意をしておくよ。

SP忠男開発チーム

製品の詳細はこちらからご覧いただけます。
お求めの際はこちらからもご購入いただけます。

crf250l_pb0700.jpg title=

crf250l_pb0701.jpg title=

crf250l_pb0702.jpg title=

crf250l_pb0703.jpg title=

CRF250L POWERBOX サイレンサー編 其の六

★2000rpm付近からもうしっかりとトルクが上がってきている★

サイレンサー内部のパイプ径を変えたり
音量を抑えるために使う、
無数の穴が空いているパンチングパイプとの
長さの組み合わせを変えても
POWERBOXパイプとサイレンサーのセットでは
トルクラインのえぐれは、なにをやっても上がってこない。
2000rpmから4000rpmまでのトルクラインがえぐれたまま 

そこで、今度はパイプとサイレンサーの間にあるテーパー状をした空間
(排ガスの膨張室)の容量にまでメスを入れた・・・。
こいつは効果てきめん!
2000rpm付近からもうしっかりとトルクが上がってきている。
いい傾向だ。

SP忠男開発チーム
crf250l_pb0600.jpg title=

crf250l_pb0601.jpg title=

CRF250L POWERBOX サイレンサー編 其の伍

★トルクラインが、えぐれたまま★

いや〜まいった。
なにをやっても上がってこない。
2000rpmから4000rpmまでのトルクラインが、えぐれたまま 

ノーマルのエキゾーストパイプに組み合わせると
かなり良いパフォーマンスを発揮してくれる。
このサイレンサー単独だったら、全然成立するのに
これをPOWERBOXパイプと組み合わせた瞬間
全くそのパフォーマンスを発揮してくれなくなる
う〜困った。

SP忠男開発チーム
crf250l_pb0500.jpg title=

CRF250L POWERBOX サイレンサー編 其の四

★大きなトルクの谷が出来ているんだ★

ここからはPOWERBOXパイプとPOWERBOXサイレンサーの
マッチング特性を創っていくんだ。

さあその走りはどんなもんかな・・・・。
おっと。
なんだこれ?ひどいね!

サイレンサーとパイプのマッチングは最悪だ。
一番欲しかったスタートからのトルクが劇落ち、
スタンダードの車両よりも悪くなっている。
2000rpmから4000rpmまでの回転域に
大きな大きなトルクの谷が出来ているんだ。
こんなに酷いマッチング特性は珍しいね。

SP忠男開発チーム
crf250l_pb0400.jpg title=

CRF250L POWERBOX サイレンサー編 其の参

★気持ちイー! 領域に持ってくることが出来たんだ。★

あれからサイレンサーの全長、内径、内部膨張室の容量を
色々いじって、なんとか2000rpmから4000rpmまでのパワーが
スタンダード車両を軽く上回るラインまで持ってくることが出来た。

かなり 気持ちイー! 領域に持ってくることが出来たんだ。
さあ、ここからは大人気アイテム
『POWERBOXパイプ』とのマッチング特性を創っていこうか。

SP忠男開発チーム
crf250l_pb0300.jpg title=

CRF250L POWERBOX サイレンサー編 其の弐

★2000rpmから4000rpm付近までのパワーが格段に落ちる★

まずは、セローに使っているカーボンの長さを伸ばして、
たたき台のマフラーを作ってみた。
サイレンサーの容量を大きくした分
インナーを太くして排気効率を上げてみた・・・。

CRFはサイレンサーを変えると
2000rpmから4000rpm付近までのパワーが
格段に落ちるって噂には聞いていたけど、
ひどいね! 
こんなにひどくなるとは思わなかった。

ただでさえ、この回転域大きく谷が出来ていて、
なかなか加速がしないのに・・・・。
まあでも、大体マフラーを変えた時のCRF250のトルク特性の傾向はつかめた。
さあ、じゃあどおする?

SP忠男開発チーム
crf250l_pb0200.jpg title=

crf250l_pb0201.jpg title=

CRF250L POWERBOX サイレンサー編 其の壱

★本当に気持ちイー! 性能を引き出すことができるのか?★

久しぶりにCRF250Lに乗ってみた。
スタンダードとPOWERBOXパイプを装着したあとの
比較を何度か繰り返し乗ってみた・・・・。

自社製品ながら、素晴らしい。
トルク特性が見事なんだ。
このマシン極低速域のトルクラインが少しえぐれた感じがあって
アクセルに対するエンジン回転の追従性があまり良くない。
だから、ここの回転域のトルクをあげると
ものすごく清々しくすっごく気持ちイー!特性に生まれ変わるんだ。
その清々しい特性を引き出したのがこのPOWERBOXパイプ
全く宣伝もしていないのに、
こんなに多くのCRF250Lオーナーから
支持していただけているのがめちゃくちゃ嬉しい!

なんとかこのパイプのユーザーの期待に応えたい。
しかし、このPOWERBOXパイプ以上の特性が
本当に生み出せるのだろうか・・・?

オフロードのバイクは基本単気筒、
大きなピストンから発生する一回一回の爆発音がかなり強烈、
しかもスリムなボディーにサイレンサーを収めるために
サイレンサーの容量もかなり制約される。
この条件で心地よいトルク特性と心地よいサウンドを引き出さなくてはいけないんだ。
これを実現させるためにどれくらいの時間を要するのだろう・・・
本当に気持ちイー! 性能を引き出すことができるのか?


crf250l_pb0001.jpg title=

CRF250L POWERBOX サイレンサー編 序章

★開発が大変だから、やりたくないんだよねぇ・・・★

最近、 CRF250L POWERBOXパイプのユーザーから
『このパイプにあった高性能なサイレンサーが見当たらなくて困ってるんだ。
なんとかSPTADAO忠男でできないの?』ってリクエストがすごいんだ。
オフロードのサイレンサーは色々と制約が多くて
開発が大変だから、やりたくないんだよねぇ・・・。


crf250l_pb0000.jpg title=

CRF250L編 其の六

  • 投稿日時:2018年05月18日
  • カテゴリー:CRF250L

★前回の試作から劇的に変わった★

楽しぃ〜!  
気持ィ〜!

本当に気持ィ〜エキゾーストパイプが出来上がった!
オフロード走行には絶対欠かせないスタートからの鋭いピックアップ、
中速域の沸き上がるパワー、
そして高速域の強力な伸び、
すべてが最高のバランスで繋がった!

これは凄っい!
驚異的に楽しい!

これはオフロードだけじゃない。
ふだんから楽しい、毎日が楽しくなる。そんな勢いだ。
長さ、太さ、位置以外の何をいじってこうなったかは言えないが、
前回の試作から劇的に変わった。
俺が思っていた理想の性能より何倍も楽しい。いいぞぉ。

そう、このピックアップが出るとオフロードに行っても
自由自在に操ることができるようになるんだ、楽しいぞぉ~~。
あとは市販用にきれいに仕上げてもらってお披露目だ。

さあ,今日は早く帰って一杯やるかぁ!

crf250l_06.jpg title=

CRF250L編 其の伍

  • 投稿日時:2018年05月18日
  • カテゴリー:CRF250L

★今回は残念ながら諦めるしかないのか?★

いやぁ~ 本当に難しい!
スタートから沸き上がるパワーピックアップ
高速域の強力な伸び、ここは最高だ!
しかし、その二つの速度域ををうまく繋ぐことができない。
どうしても70Km/hから85Km/hでパワーが滞ってしまう。
ここで、走りがしらけてしまい、走りが台無しになってしまう。

パイプの長さ、太さ,BOXの位置、サイズ、
出来ることはもうほとんどやり尽したと思う。
今回は残念ながら諦めるしかないのか?

crf250l_05.jpg title=

1 / 212
  • SP 忠男 浅草本店
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。