KATANA | 忠さんのマフラー開発奮闘記

KATANA編 其の六

  • 投稿日時:2020年03月19日
  • カテゴリー:KATANA

★最高のラインを見つけ出したんだ★

さあ、やっとトルクラインが綺麗に整った。
結局、何度も何度もサイレンサー内の膨張室の要領を変え、
何度も何度も繰り返し走り、最高のラインを見つけ出したんだ。

もう、この走りは気持ちイー!の一言。

完成だ!マフラーの素材は2種類ステンレスとフルチタン。
まずはステンレスから販売開始!
各地で行われるライドオンキャンペーンで
試着用のマフラーを用意するから楽しみにしていてくれよな。

ライドオンキャンペーン快感体感試乗会の情報はこちらから 

SP忠男開発チーム

katana0600.jpg title=

katana0601.jpg title=

KATANA編 其の伍

  • 投稿日時:2020年03月09日
  • カテゴリー:KATANA

★排出されるガスの脈動をコントロールしてあげるんだ★

そう、こんなふうに3000rpm付近にトルクラインの乱れが生じた場合、
セオリーとしては、全長を長くしてラインを少し引き上げてあげるのが一番なんだ。

しかし、全長を長くしたら折角のルックスが失われる。
それはダメだ。
あとはインナーパイプの内径を細くする・・・
このマシン排気量が1000ccもあるから、
太さにも限度があってあまり細くできない。

あとは手探りで、かなり手間がかかるけど、
サイレンサー内部に排気ガスの膨張室を作って、
排出されるガスの脈動をコントロールしてあげるんだ。
上手くいくと、いいんだが。

SP忠男開発チーム

katana0500.jpg title=

KATANA編 其の四

  • 投稿日時:2020年03月02日
  • カテゴリー:KATANA

★マフラーの基本性能は長さで決まるので★

やはりそうか、そうだよな・・・
スタートから、3000回転くらいまでの変速にスムーズさが消えた。
これは回転の上昇と出力の上昇が一致していない時に、
このフィーリングを感じるんだ、トルクラインの乱れというか。

要はサイレンサーを短くしすぎて、
3000rpmまでのトルクラインが上下に波打ってしまって、
ほんのわずかエンジンの回転と車速が、
うまく合わせられない状態なんだ。
そのためにギアが切り替わる時に抵抗がうまれ、
ギアチェンジのスムーズさが失われる。
気にしなければ気にならないし、
こんなフィーリングは、市販の交換用マフラーに変えた時には
当たり前に起きていることだけど、
俺たちのコンセプト”気持ちイー!”からは、外れてしまう。
マフラーの基本性能は長さで決まるので、
短いサイレンサーにすると当たり前のように現れる現象さ。

SP忠男開発チーム

katana0400.jpg title=

KATANA編 其の参

  • 投稿日時:2020年02月10日
  • カテゴリー:KATANA

★最もショートで、最もコンパクト★

取り急ぎ最もショートで、最もコンパクト
しかもしっかりとトルクを確保したサイレンサーを目指して開発開始!
さあどうなるかな!

SP忠男開発チーム

katana0300.jpg title=

KATANA編 其の弐

  • 投稿日時:2020年01月27日
  • カテゴリー:KATANA

★『超コンパクトだけどトルクを落とさせない』ってところかな。★

なんだか、想像してた通りというか
想像を裏切ってというか・・・
その中身、その走りは、最新のレプリカマシンからの発展形だ
シャープで軽快で乗りやすい。 
全く新しい最高のマシンに仕上がっている。
もう少し低速域に粘り感があった方が、
KATANAっぽいかなって思うけど、これが最新の切れ味なのだろう。

あまり長く車両をお借りするのも申し訳ないし、
今回はまず、取っ掛かりのしやすいサイレンだーから手をつけてみるかな。
本来トルクを出すために長めの設定にしたいところだけど、
このルックスを考えると超ショートの方が似合いそう。

ってことで、今回の開発コンセプトは
『超コンパクトだけどトルクを落とさせない』ってところかな。

SP忠男開発チーム

katana0200.jpg title=

KATANA編 其の壱

  • 投稿日時:2019年12月22日
  • カテゴリー:KATANA

★しっかりと慣らしと特性チェック!★

中野真矢さんからお借りした大切なマシン
開発でトラブらないようにしっかりと慣らしと特性チェック!
今だいたい300km走行

SPTADAO開発チーム

katana0100.jpg title=

katana0101.jpg title=

KATANA編 序章

  • 投稿日時:2019年12月10日
  • カテゴリー:KATANA

★お言葉に甘えて借りてしまった★

今、人気絶頂のKATANA最近良くSPTADAOファンのオーナー様から
KATANAのマフラーはやらないの?って問い合わせがあるんだ。
しかし、もうすでに沢山のマフラーメーカーが
しのぎを削って販売をしているから、
まだいいかなって思っていたんだ。
もう、何度もこのマシンには乗っているから、
こんな感じのマフラーなら喜ばれるかなって、
イメージはしてたけど開発はまだ先でいいやって・・・

そうしたら一本の電話が・・。
相手は、元motoGPライダーの中野真矢さん。
そうSP忠男RT出身の中野さんから
「56デザインのデモカーを作ろうと思って
KATANAを買ったのでこの車両でマフラー作りませんか」って。

これもなんかの縁。
多分、このタイミングなんだろうって想い、お言葉に甘えて借りてしまった。
さあ、頭の中の気持ちイー!妄想を現実の世界に置き換えようかな。

SPTADAO開発チーム

katana0000.jpg title=

  • SP 忠男 浅草本店
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。