忠さんが陣頭指揮をとってマフラーを開発していく実際のストーリー|マフラー開発奮闘記

セロー250 2018編 其の伍

  • 投稿日時:2018年10月12日
  • カテゴリー:SEROW250 18

★高回転域の伸びを大きく失ってしまう★

今の所わかったことは以前の車両のPOWERBOXパイプと
同じ純正よりひとまわり太いエキゾーストパイプを使うと
一番欲しい速度域40Km~70Kmのあいだの加速感が
少しスカスカになってしまうこの感覚は嫌なんだ。
どんなに長さを長くしても状況は変わらない。
以前の車両ではこんなことはなかった。
この状況を変えるために膨張室(BOX)を付け
大きさを変えながら探っていくとを少しだけ
欲しい速度域のトルク感は上がるけど
それ以上に高回転域の伸びを大きく失ってしまう。

多分、28年排ガス規制に対応するために
ガソリンを思いっきり薄くして
絶妙なセッティングに仕上げてあるからなんだろうなぁ。
そうなると今回気持ちイー! 性能を引き出すのは難しいかもしれないな・・・

sellow2502018_0500.jpg title=

sellow2502018_0501.jpg title=

~2017 SR400編 其の壱

  • 投稿日時:2018年10月11日
  • カテゴリー:SR400 17

★更に気持ちよくなる何かを生み出せればいいな★

SR400久しぶりに乗ったなぁ。
この大きなピストンで少し大きくて重めのフライホイールをまわして
雪ダルマを転がしていくような加速感が嬉しいね。
この味、この味なんだよなSRって。
で、いま俺たちがこのマシンに乗って何を感じているかっていうと
40Km/hくらいから70Km/hの間に
更に気持ちよくなる何かを生み出せればいいなって、
そんな風に感じているんだ。
乞うご期待。

sr400_2017001.jpg title=

~2017 SR400編 序章

  • 投稿日時:2018年10月10日
  • カテゴリー:SR400 17

★最近開発が楽しくてたまらない★

新排ガス規制に対応した2018年モデルSR400の発売を前に
最近開発が楽しくてたまらない。
POWERBOXパイプを2017年までのモデルで創ってみようと思った。
なんとなくSR400オーナーの満面の笑顔が頭に浮かんでいるんだ。
ちょうど、造形社カスタムバーニング編集部から
車両を貸してくれるっていう話があって
そいつで何か気持ちイー! パイプが
生み出せたらいいなって考えているんだ。

sr400_2017000.jpg title=

2018 Ninja250 TwoTail編 序章

★高回転高出力タイプのスーパースポーツに仕上がっている★

たくさんのNinja250オーナー様から
フルエキゾーストのリクエストが届いてる。
そうかフルエキゾーストか! 
今のSPTADAOが作るとしたらどんなマフラーを作ればいいのか色々考えてみた。
やっぱり、究極の高性能ハイエンドモデルなんだろうな。

ninja2502018tt0000.jpg title=

MT-10編 其の四

  • 投稿日時:2018年09月25日
  • カテゴリー:MT-10

★綺麗にトルクラインを整えることが出来た。★

一度変化を生み出すポイントを押さえることが出来ると
結構トントン拍子に進むこともある。
今度は2000rpm付近から4000rpm付近まで
綺麗にトルクラインを整えることが出来た。
こうなった時、走りがどう変わるかというと・・・
クラッチを繋いで走り出した瞬間ライダーはホッとする。
ライダーの意思が右手を通じてマシンに乗り移っていく。
うまくいっているマフラーに共通する感覚だ。

 低速から中速にかけてのトルクの出方を
うまく整えることが出来るとライダーがマシンの次の動きを
自然と把握できるようになる。
すると、その瞬間マシンとの一体感や安心感が急激に高まるんだ。
今回のエキゾーストパイプもそんな感じだ。

あと少し気になっている7000rpm付近への繋がりを
うまく仕上げることが出来たら、更に軽快でパワフルで
清々しい快感を手に入れられそうな予感がするんだ。
さあもう少し頑張ってもらうぞ!

mt10_0400.jpg title=

セロー250 2018編 其の四

  • 投稿日時:2018年09月25日
  • カテゴリー:SEROW250 18

★少し回転の上昇がつまったような感覚★

あれから毎日セローに乗っている。とてもいい! 
この新型になり、更に完成度の増したマシンに乗っていると
これ以上って本当にあるのかなぁ?って
ついこんなことが頭をよぎってしまう。

ただ、エンジンのあたりがついた最近感じ始めているのは
中回転域からのガガガガといった250cc単気筒独特の
少し回転の上昇がつまったような感覚
ここを少しだけ不快に感じる。
ほとんどの単気筒マシンには存在することなんだけど、
ここはなんとかトゥルルルルって感じに軽快に吹け上がっていくように
ブレイクスルーさせてあげたいと思っているんだ。
それができたら田舎道を淡々と走り続けるときに使う
40Km/hから70Km/hまでの間、
このマシンはオーナーにとって
思い切り気持ちイー存在になるんだろうなぁ〜!って
ワクワクしながら想像しているところだ。

しかし、エキゾーストパイプの長さと太さの組み合わせだけで
基本となる特性を探っているのだが、
現状は以前のモデルのセオリーがあまり通用していない。
俺のワクワクに相反して、いま開発陣はかなり重い雰囲気に包まれている。

sellow2502018_0400.jpg title=

sellow2502018_0401.jpg title=

sellow2502018_0402.jpg title=

MT-10編 其の参

  • 投稿日時:2018年09月20日
  • カテゴリー:MT-10

★割と重要な2000回転台にわずかだが変化が出てきたんだ★

何度も長さを変え太さを変え
集合部の形状や容積を変え変化を生み出せずに
半ば諦めかけた時少し変化が生まれた。
マシンとライダーの一体感を生み出すきっかけになる
割と重要な2000回転台にわずかだが変化が出てきたんだ。

ここから3000rpm付近の間に少しトルク感の凸凹があり
これがライダーにほんのかすかな
不安感を与えているように感じているんだ。
まずはこの回転域のトルクラインを綺麗に整えて
ライダーとマシンの信頼感をマックスに高め
そこから中速、高速への爽快な出力アップにつなげていこうと考えている。

まあ、もう2ヶ月ぐらい費やしてこの進み具合だ。
そんなにうまくいくかはわからないけど頑張るぜ。

mt10_0300.jpg title=

mt10_0301.jpg title=

mt10_0302.jpg title=

セロー250 2018編 其の参

  • 投稿日時:2018年09月20日
  • カテゴリー:SEROW250 18

★少し反応が悪い気がするんだ★

やっぱりなんか違うんだ!
新型と以前のモデルでは
同じエキパイをつけても気持ちイー!ポイントが全然違うんだ。
通常使用する40km/hから60km/hが
少し反応が悪い気がするんだ。
ここが1番大切なのに!
よし、一から開発を始めますか。
多分、また気の遠くなるような
作業の繰り返しが待っているんだろうなぁ。

sellow2502018_0300.jpg title=

MT-10編 其の弐

  • 投稿日時:2018年09月11日
  • カテゴリー:MT-10

★何をいじっても性能の変化は出てこない★

なんとなく走りのイメージは頭に浮かんだ来た。
しかし現実は厳しい。
流石にR1譲りのハイパフォーマンスマシン。
エキゾーストパイプもかなり追い込んだ開発を行っているのか、
今の所、何をいじっても性能の変化は出てこない。

パイプの太さを変え、長さを変え、集合部の容積を変え・・・・
ここまで頑なに性能を変化させないマシンもそうはない 
もうあれから一ヶ月近くが過ぎようとしている。

mt10_0200.jpg title=

mt10_0201.jpg title=

mt10_0202.jpg title=

セロー250 2018編 其の弐

  • 投稿日時:2018年09月10日
  • カテゴリー:SEROW250 18

★排ガスセンサーを取り付け走らせてみた★

まずは旧モデルのPOWERBOXパイプに
新型から採用された排ガスセンサーを取り付け走らせてみた・・・

お〜!わりといいんじゃない?!
旧型並みに性能の差が出ていると思うよ。
このままでも充分製品になると思うけど・・・
やっぱりもう少し走り込んで、新型セロー250に
ベストな特性を引き出したいなって思ってる。
はっきり言って、 セロー250は完成度が高く
下手に手を出すとどんどん走りが悪くなって行くんだよね。
だから少し気が重いけど頑張るぞ。

sellow2502018_0200.jpg title=

sellow2502018_0201.jpg title=

3 / 10012345...102030...最後 »
  • SP 忠男 浅草本店
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。