F800S | マフラー開発奮闘記

BMW F800S編 序章

  • 投稿日時:2012年03月31日
  • カテゴリー:F800S

★F800Sのマフラーを作りたい?★

開発責任者の大泉が『F800Sのマフラーを作りたい』って言ってきた。

やつはかれこれ、5年以上もこのバイクに乗っている。

いままでこのバイクのマフラーを作ろうなんて一切言ったことがないのになぜだ?

だいたい開発関係の人間は、こと自分のバイクに限っては

面倒くさいのであまり手を着けようとしないものなのだ・・・。

f8000s_00.jpg title=

 


BMW F800S編 其の壱

  • 投稿日時:2012年04月03日
  • カテゴリー:F800S

★本当にやるのか?★

開発担当の大泉いわく、先日のキャンペーンで量販店の店頭に立っていると、1人のお客様から話しかけられたそうだ,その内容はこうだ。
「SP忠男さんは外車のマフラーは扱っていないのですか?私はBMWのF800STに乗っているのですが、低速域でトルクがなくてとても走りづらいのです。忠男さんのマフラーはとても乗りやすくなるそうですが、F800STのマフラーは出さないのですか?」

 たまたま、双子車両のF800Sに乗っている大泉はピンときたそうだ。
いまはもう五年も乗っていて通勤にしか使っていないのでそんなには感じていなかったそうだが。

 数年前に仲間と二人でツーリングにいった際に4速5速を多用して制限速度プラスαで走行していると,もの凄くストレスを感じたそうだ。回転数でいうとちょうど2,000rpmから3,000rpmの間 この間のエンジンの出力特性があまり良くない、回転の上昇が少し淀むのだそうだ。ギアチェンジもこの域ではスムーズに行なえないこともある。それ以外はパーフェクトなエンジン特性なのだそうだ。

多分、ヨーロッパ等の平均的走行速度の高い地域では、ほとんど問題ないのだが日本では案外ここを良く使う。本来であれば2気筒のパルス感を楽しみながら走りたいところであるがそうはいかないのがこのエンジン特性なのだそうだ。

その話を社内でするとなんと、このお客様以外にも同様な話を何人かのお客様から聞いていると言うではないか。
しかし、過去にBMWK1000やDUCATI900SS用にめちゃくちゃ走りが楽しいマフラーを開発したことがあるのだが、ライダーが見栄っ張りだったせいか、全く売れずに大損をしている。本当にやるのか?

まずは、シャーシダイナモ(出力特性測定器)を使って、このエンジンの性格を確認してみるか、それを見てから開発するかどうするか考えよう! 

f8000s_01.jpg title=

な~るほど、この赤丸のところが、ちょうど2,000rpm~3,000rpmにあたるところ。ここを改善すると、このマシンの良さが日本でもさらに発揮されるかもしれないな!
開発してみる価値はありそうだな!


BMW F800S編 其の弐

  • 投稿日時:2012年05月21日
  • カテゴリー:F800S

★どうやって理想の出力特性に変えていこうか。★

まず手始めに一般的にみんなが良く装着している

排気効率の上がりそうなサイレンサーを着けてみた。

一部、ピークパワー付近でパワーは上がっているけど

よけいに谷が強調され、ギクシャクし

とてもじゃないけれで 乗れたもんじゃない

求めてる特性と逆の方向に向かっている。

ここから、どうやって理想の出力特性に変えていこうか。


f8000s_02.jpg title=
f8000s_022.jpg title=


  • SP 忠男 上野店
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。