SR400 18~POWERBOX silencer | 忠さんのマフラー開発奮闘記

2018~SR400 POWERBOX サイレンサー編 其の九

★高速連続走行1000kmに及ぶ耐久走行テストです★

今回、2018~SR400 POWERBOXサイレンサーは、
厳しい排出ガス規制に対応するために、大容量で、
とても高価な排出ガス発散防止装置(キャタライザー)を内部に組み込んでいます。
この厳しい規制をクリアするために必須な装置ですが、
これがかなりの厄介者で、排出ガスを浄化する際に高温を発し
サイレンサーの内部を800度以上に上げてしまいます。

そのことで、サイレンサー内部の金属が収縮し変形したり、破損したりします。
また、内部が800度以上になると
サイレンサーの外側が一瞬にして艶のない茶褐色に変色します。
これを抑えるために今までになかった、
数々の特殊な構造をこのマフラーには採用をしています。

そのために今まで10ヶ月以上をかけ性能と共にこの対応に当たってきました。
そして、今回市販を前に、これまでになかった過酷な耐久テストを行うことにしました。
高速連続走行1000kmに及ぶ耐久走行テストです。

まず東京⇆秋田間の1212Kmをの高速連続走行を行いました。
これにより今まで想像をしていなかった箇所の変形が確認されました。
この時点で問題が発覚したことは、私達にとってとてもラッキーな出来事でした。
そして、さらなる対応を行いました。

何度か500Km程度の高速テストを繰り返し確認し、最後の確認に
今度は東京⇆青森の1438Kmに距離を伸ばし連続高速走行を行いました。
今度は対策がうまく作用し部品の変形や破損は一切、確認されませんでした。成功です。

これまでシャーシダイナモ上での耐久テストや、
500Km程度の度重なる連続高速走行テストなどは行ってまいりましたが、
その距離を倍以上に伸ばしての連続走行テストは今回が初めてで、
大変貴重なデータを集めることができました。
このデータは、これからのSP忠男にとってとても大切な財産となりました。

このような最高に楽しく身のある開発を行えるのも、
いつも暖かく応援してくださるSP忠男ファンや
ユーザーの皆様の応援があるからこそできる仕事です。
改めて皆様に感謝申し上げます。有難うございます。

SP忠男開発チーム

*製品が出来上がったら、日本中を駆けずり回っている 
快感体感試乗会「ライドオンキャンペーン」で乗ることができます。

sr400pb0800.jpg title=

sr400pb0801.jpg title=

sr400pb0802.jpg title=

sr400pb0800.jpg title=

2018~SR400 POWERBOX サイレンサー編 其の八

★POWERBOXパイプとPOWERBOXサイレンサーの組み合わせは最高だ★

うん、想像を超えたね、この「気持ちイー! 」走り。
POWERBOXパイプとPOWERBOXサイレンサーの組み合わせは最高だ。                                                                                      ノーマルからPOWERBOXパイプに交換した際の
あの、おおらかで雄大なトルクにさらに豊かな力が、加わった感じだ。
しかもしっかりと、トルクラインを整えながらをフラッットに力を上乗せしていったから、
よく、SRのチューニングで現れるドカッ、ドカッ感は無い。
心地よいドゥルルル感だ。
この感覚、自分で言うのもなんだけど素晴らしい。
POWERBOXパイプをすでに装着されているあなたは、
POWERBOXサイレンサーとのマッチングで味わえる。

あと、実際の重量はあまり変わらないはずだけど
走りの軽さもめっぽう、「気持ちイー!」
この絶妙な味付けが、SP忠男開発チームの真髄なんだ。
というか、この味を追い求めてサイレンサーひとつに
10ヶ月を超える開発期間をかけるなんて、ちょっと変わってるかなぁ。
よっし完成だ。

SP忠男開発チーム

*製品が出来上がったら、日本中を駆けずり回っている 
快感体感試乗会「ライドオンキャンペーン」で乗ることができます。

sr400pb0800.jpg title=

sr400pb0801.jpg title=

sr400pb0802.jpg title=

2018~SR400 POWERBOX サイレンサー編 其の七

★全てが綺麗にシンクロしたんだ最高に気持ちイー! サイレンサーの誕生だ★

いや〜、長かった。SR400のサイレンサー
開発スタートから10ヶ月で、やっと「気持ちイー!」って声がでたよ。
思わずどこまでも、どこまでも走りたくなる。
そんな、サイレンサーの誕生だ。この走りは完璧。

4速2000rpmからのパルス感、3000rpm〜5000rpmまで綺麗に整った爽快なトルクライン。
そして、心地よい単コロサウンド。
さらに6000rpmからレッドゾーンへ向けて、一直線に登っていく清々しい高速の伸び。
全てが綺麗にシンクロしたんだ最高に気持ちイー! サイレンサーの誕生だ。

最後にもう一度、POWERBOXパイプとのマッチングを確認して、OKなら製造開始だ。
さあ、パイプとのマッチングは如何かな?

SP忠男開発チーム
sr400pb0700.jpg title=

sr400pb0701.jpg title=

sr400pb0702.jpg title=

sr400pb0703.jpg title=

2018~SR400 POWERBOX サイレンサー編 其の六

★どかどか感が強すぎて鬱陶しい。★

すごいね。開発チームの意地だね。
トルク、パワーともにグングン上昇してきた。
もちろん、心地よいサウンドを残しながらね。

しかし、ここでまた問題発生。爽快じゃあない、心地よくない。
そう無闇にトルク、パワーを上昇させればいいってもんじゃあないんだ。
どかどか感が強すぎて鬱陶しい。

トルクラインやパワーライン、そしてサウンドの質が
うまくリンクしてからこそ、気持ちイー! が生まれる。
そこにはまだ追い付いていない。もう少しだ。

SP忠男開発スタッフ
sr400pb0600.jpg title=

2018~SR400 POWERBOX サイレンサー編 其の伍

★音はかなりの難関だ・・・。★

音はかなりの難関だ・・・。
なんとか心地よいサウンドを生み出すことはできた。
本当に心地よいサウンドだ。
しかし、性能はスタンダードと変わらなくなった。
いや、それ以下だ。
難しい、本当に難しい。

SP忠男開発スタッフ
sr400pb0500.jpg title=

sr400pb0501.jpg title=

2018~SR400 POWERBOX サイレンサー編 其の四

★あまり良い音ではない。 ★

パルス感をほどよい程度まで抑えてもらった。
フラットなトルクも心地よい・・・。
いい感じだ。ただ、今度はサウンドだ。 
この心地よいトルクとは反対にサウンドはあまり良い音ではない。 
やっぱり、SRは簡単ではない。

SP忠男開発スタッフ
sr400pb0400.jpg title=

2018~SR400 POWERBOX サイレンサー編 其の参

★オートマチックのような、気を使わない豊かな走り★

開発のスタッフに 少し単気筒らしい味を引き出して欲しい・・・。
なんて抽象的な注文を出してみた。
出来上がってきた特性は?

やばいね、このパルス感、強烈すぎる。
まるで、650cc。めちゃ速いしガッガッガッと加速をしていく。

しかし、俺たちの求めているものはこれとは違う! 
SRらしい心地よいパルス感。
トップギアをホールドして、フラットなトルクラインを活かした
オートマチックのような、気を使わない豊かな走り、うむ。
もう少し時間はかかりそうだ。

SP忠男開発スタッフ
sr400pb0300.jpg title=

2018~SR400 POWERBOX サイレンサー編 其の弐

★普通の高性能は、このバイクにとって、全然高性能ではない。★

本当にSR400は難しい。
人気のPOWERBOXパイプに合わせてサイレンサーをつくると
いとも簡単にパワーが上がってしまう。
これが普通のバイクなら手放しで喜べるけど、SR400はちと違う。

ただの調子良いバイクになってしまう。そう、味を失ってしまうんだ・・・・。
あれからずっとこのSRにハマっている。
面白すぎて、全然飽きない。
普通の高性能は、このバイクにとって、全然高性能ではない。

あくまで俺たちが目指しているのは、超気持ちイー! SR400
高性能 = 気持ちイー! ってこと。
フラットなトルク、爽快な加速、重たいフライホイールを愉快に回す最高のトルク。
絶妙なバランスなんだ、こいつの探求が最高に楽しい。

SPTADAO開発チーム

sr400pb0200.jpg title=

2018~SR400 POWERBOX サイレンサー編 其の壱

★低速域のトルク特性にもこだわってみようか★

割りとSR400のスタンダードサイレンサーの形状が好きなんだよね。
これにリスペクトした形にしよっと。

性能はパワーボックスパイプとのマッチングを一番に優先して、
エキパイでもなかなか、なしえなかった。
更に低速域のトルク特性にもこだわってみようかな。

SPTADAO開発チーム

sr400pb0100.jpg title=

sr400pb0101.jpg title=

2018~SR400 POWERBOX サイレンサー編 序章

★このSR400は排ガスが厳しい★

とうとう来たか・・・・・。
SR400のPOWERBOXパイプの性能を更に引き出すサイレンサーが欲しいって・・・
そりゃそうだよなぁ〜
前から結構言われてたんだよね。でもねぇ〜。

このSR400は排ガスが厳しい。 
サイレンサーの容量のほとんどが触媒装置(排出ガス浄化装置)性能と
音を引き出す前に厳しい排出ガス規制をクリアしなければならないんだ。
大変だぞ。
触媒代だけで、安いマフラーの定価ぐらいするんだぞぉ〜。

SPTADAO開発チーム

sr400pb0000.jpg title=

1 / 11
  • SP 忠男 浅草本店
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。