ZX-9R 00~ | 忠さんのマフラー開発奮闘記

00〜 ZX-9R 編 其の四

  • 投稿日時:2018年05月14日
  • カテゴリー:ZX-9R 00~

★ 7000 rpm からのパンチ ★

 あそこまできて、さらに「7000 rpm からのパンチも」って言ったときは、
開発担当者も、もう泣きそうな顔をしてたね。
でも、しょうがないよ。
俺が納得してないもんを、みんなに「これいいよ!」なんて、
言える分けないんだから、頑張ってもらうしかないよなっ。
奴らは、それでもすねずに性能を引っ張り出してきたらしい・・・。
感謝!感謝!
さあ、シビアに乗ってみますかっ。

はい完璧!7000 rpm までも最高にいい。
7000 rpm からもしっかりパンチが効いている。
ピックアップもいい。
高速でも確実にトルクが引き出されている。
登りも向かい風も怖くない。
どこの回転からでもガンとしたトルクで突き進む感じがいい。
どんな状況下でも確実に速く走れるし、
最高速もこれならのばせると思うぜ。

 さて、これからバンク角のクリアランスを詰めた上で
最終デザインを決定して新発売ね。
はっきり言ってPURESPORTが付いた9Rは、
思い切り速いし倍以上おもしろいぜっ。
これがチューニングの基本てやつねっ!

00〜 ZX-9R 編 其の参

  • 投稿日時:2018年05月14日
  • カテゴリー:ZX-9R 00~

★ かなりいいっっっ! ★

 開発担当者達は、あそこまで追求していたマフラーに
「もっとパワーを、もっとトルクを!」なんて言われたもんで、
かなりまいっていた。
でも今度は、12Rの開発で修得したデータなんかを引っ張り出して、
試行錯誤やったみたいだ。さ〜て、乗ってみるかっ。

 う〜ん、いい!

 あのR1で感じたあの感覚が、スタートからしっかりある。
男・カワサキらしい、ずぶといトルクと凄いダッシュ力もある。
いい、いいっ、おもしろいっっ、かなりいいっっっ!
これなら勝負できる。
あと7000 rpm からのパンチを上乗せして完成だな。

 さあ、もう一息頑張ってもらおうかっ!

00〜 ZX-9R 編 其の弐

  • 投稿日時:2018年05月14日
  • カテゴリー:ZX-9R 00~

★ やばいほどの感覚が欲しい! ★

 あれからかなりの試行錯誤が行われたようだ。
〜’89までに対応したPURESPORTがほとんどそのまま装着できるので、
それをたたき台にして開発は行われた。
このマフラーも、かなり気合いを入れて開発がされているから、
ピークも10ps 近く上がっていながら、
この前乗ったマフラーと違い、かなりいい中速のパワーとトルクがでている。
まぁ、今までならこのマフラーでOKを出せたのだが、
今回は目的が違う。
おもいきりパワフルに、おもいきりトルキーに、
そして、おもいきり速く走れるマフラーを作る。
実際に使用されないような回転域のパワーはあえて追いかけない。
この決まり事に従って開発された試作が上がってきた。
さ〜あ、乗ってみるか。

ウン?確かに以前に比べてダッシュもよくなっているし
ピークへ向けての伸びもいい・・・。

でも、なんか違う。
あのR1の、やばいほどの感覚がないっ。
まだ、レッドにたたき込む勢いが弱い。
もっと凄いダッシュ力、強烈なトルクとパワーが欲しい。
このままじゃダメだ。
開発担当には、もう少し頑張ってもらいますかっ。

00〜 ZX-9R 編 其の壱

  • 投稿日時:2018年05月14日
  • カテゴリー:ZX-9R 00~

★ 最高速の謎・・・ ★

 まず、序章で少し話をした最高速の謎だが、
ノーマルと装着されていたオールチタンのマフラーでは、
ピークで7ps、また、かなり低いところからほぼ全域にかけて
パワーが上がっていることが確認できた。
では、なぜ首都高速でギクシャクし、
最高速がノーマルより落ちたか?
・・・これを実走で検証してみた。

 確かに、装着されていたオールチタンのマフラーでは、
ノーマルより伸びはあるものの、トップに入れるとスカスカで、
少しスピードが落ちる。
3速あたりでも、登りになるとかなり頼りない・・・・・
な〜るほど、読めた。
トルクだ。負荷の大きく掛からないベンチではよい結果が出ても、
実走ではそうはいかないことは良くある。
まあ、もともとこの系統のマフラーを作る気はないので、テストはここまで。

 つぎは、ライバルR1とノーマル同士の比較をしてみた。
やはり加速で差が付く。
ある程度の速度域に達していればそう極端には離されないが、
スタートから7,000 rpm 位までで大きく離される。
加速時には、パワーと共に10kgのウエイト差が大きく影響する。
よしっ、ならば 7,000 rpm までを中心に開発しよう。
そこから上は、自ずとパワーが上乗せされてくるはず・・・。

ここまでを開発担当に伝えた。
あとは試作が上がるのを待つだけだっ。

00〜 ZX-9R 編 序章

  • 投稿日時:2018年05月14日
  • カテゴリー:ZX-9R 00~

★「作ってよ!」 ★

 ある知人から紹介された9Rライダーからこんな要望を受けた。
「某メーカー製のオーバルサイレンサーのオールチタンマフラーを装着しているのだが、
かなりパワーが上がっているはずなのに最高速がノーマルより落ちた。
首都高速の走行においてもギクシャクしてうまく走れない。
時間が掛かってもいいから本当におもしろくて
本当に速く走れるマフラーを作ってよ!。」

なんて要望だ。
俺の今の愛車R1のライバルだし、
面白いから引き受けたんだ。
次回から、この最高速の謎と共に、いろいろ裏話を公開するぜ!

1 / 11
  • SP 忠男 浅草本店
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。