ZX-6R 19 | 忠さんのマフラー開発奮闘記

2019~ZX-6R編 其の七

  • 投稿日時:2019年03月25日
  • カテゴリー:ZX-6R 19

★パワーウェイトレシオの変化でマシンが軽くて活き活きしている★

純正マフラーとスイングアームの隙間が狭いから結構大変なんだよね。
サイレンサーから排気を取り出すバイパスパイプの
位置や太さを色々と調整したり、
その先についている排気ガスを膨張させて
脈動を作るBOXの容量や形状を変更したり、
いちいち外して取り付けるのに、この狭さは致命的だ。

それでもこの工程に何日もかけて調整を行ってきたら、すごい手間だった。
おかげでなんとか仕上がったようだ。
シャーシダイナモのパワーラインも上々だ。
あとは走行してシャーシダイナモ通りの性能が出ているかのチェックだ・・・。

完璧だ! パワーラインが綺麗に整った。すっごくいい。
パワーウェイトレシオの変化でマシンが軽くて活き活きしている。
フットワークが全然違うんだ。
あとアクセルを開けた時のサウンドも迫力のレーシングサウンド。いいね。 
普通に流しているときは心地よいサウンドが
耳に流れてくる程度でそこから開けていくとまた、たまらないね!

完成だ、K’s-STYLEとSP忠男から近日発売だ。


zx6r20180700.jpg title=

zx6r20180701.jpg title=

zx6r20180702.jpg title=

zx6r20180703.jpg title=

zx6r20180704.jpg title=

2019~ZX-6R編 其の六

  • 投稿日時:2019年03月10日
  • カテゴリー:ZX-6R 19

★パワーラインの凸凹は運悪く4000rpm付近に発生している★

いいねぇ〜!
パワーラインがいい感じに右肩上がりに変わってきた。
少しラインに凸凹が現れ始めたのは気になるけど・・・・

走りがけっこうパワフルになった。
そして何よりもフットワークがいい、軽快だ。
パワーラインの凸凹は運悪く4000rpm付近に発生している。
少し気になる。

zx6r20180600.jpg title=

2019~ZX-6R編 其の伍

  • 投稿日時:2019年03月03日
  • カテゴリー:ZX-6R 19

★パワーラインに余計な凸凹はつけたくない★

そうなんだ。
やはり、この程度パワーラインの角度を上げたくらいでは体感ができないんだ。
パワーラインに余計な凸凹はつけたくない。
凸凹をつけずにさらに右肩上がりの特性をつけなければならないんだ。
サイレンサーだけでこの特性を引っ張り出すのは大変だぞ・・・。
ゼロベースでの見直しだ。
まずは大胆にサイレンサーの全長を短く変更してみるか。

zx6r20180500.jpg title=

2019~ZX-6R編 其の四

  • 投稿日時:2019年02月25日
  • カテゴリー:ZX-6R 19

★ビッタリ規制値内にもおさまった!★

サウンドはGOODサウンドだ。
しかもビッタリ規制値内にもおさまった!
純正よりもすこ〜し角度をつけながら
右肩上がりに綺麗なパワーラインを引き出すことにも成功した。

基本、非の打ち所のないすごく優れた出力特性だったので
これは壊したくなかった。 
だから、必死になってこのラインにこだわった。
膨張室POWER BOXの容量と取出しの位置や
パイプの太さを駆使しなんとかこのラインを引きだしたんだ。
さあ、実際に走ってみるか!

zx6r20180400.jpg title=

2019~ZX-6R編 其の参

  • 投稿日時:2019年02月15日
  • カテゴリー:ZX-6R 19

★色々位置を変えてベストな特性を探っているんだ★

音量は若干規制値を超えている・・・
性能は、ピークパワーは変わらないものの
中速域に谷ができて違和感を感じる。

こんな時に頼りになるのが
消音器とエキゾーストパイプの間に入れる膨張室POWERBOXだ。
だいたい、このくらいの音量オーバーはBOXを着けただけで、
音量が下がるのでクリアが出来る。
特性もBOXの取り出し位置や
バイパスパイプの太さ、長さ、BOXの要領で調整ができるんだ。

今は色々位置を変えてベストな特性を探っているんだ。

zx6r20180300.jpg title=

2019~ZX-6R編 其の弐

  • 投稿日時:2019年02月08日
  • カテゴリー:ZX-6R 19

★排気バルブを外して特性が崩れない訳がない★

だよな。排気バルブを外して特性が崩れない訳がない・・・。
まあ、サイレンサー手前にある純正の大きな消音ボックスで
消音と特性を作っているから走れなくはないが気持ち悪い。
きっと大きく、うんと長いサイレンサーを付ければ特性を変えられるだろうけど、
今回のコンセプトは出力特性を悪くしないのと超軽量化。
サイレンサーを長くはできない。
さあ、どうする?

zx6r20180200.jpg title=

2019~ZX-6R編 其の壱

  • 投稿日時:2019年02月05日
  • カテゴリー:ZX-6R 19

★デメリットは出力特性が悪くなる・・・★

本当にどの回転域どの速度域を走らせても
軽くて速くてとても乗りやすくて文句の付けどころがない。
税抜き120万円台でこの性能が手に入ると思うと驚きだ。

そうなると今回POWERBOXでできることってなんだろう・・・
トルクラインに余計な凸凹をつけたくないけど
このZX-6Rはサイレンサーに排気バルブがついている。
当然サイレンサーを交換する際にはこの排気バルブは外れてしまう。
メリットとしては圧倒的な軽量化、デメリットは出力特性が悪くなる・・・

まあ、考えていても仕方がない。
超軽量なショートメガホンサイレンサーを作って
トルク感など出力特性、音、がどうなるか確認をしていこう。

zx6r20180100.jpg title=

zx6r20180101.jpg title=

2019~ZX-6R編 序章

  • 投稿日時:2019年01月18日
  • カテゴリー:ZX-6R 19

★超軽くてパワフルだ★

我が社にZX-6Rがやってきた!
超軽くてパワフルだ。
さあ、どんなマフラーを作ろうか。

zx6r20180000.jpg title=

1 / 11
  • SP 忠男 浅草本店
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。