CRF250RALLY 2021~ | 忠さんのマフラー開発奮闘記

CRF250 RALLY 2021〜編 其の玖

★創り上げてきたトルク特性が、やっと出来上がった★

気持ちイー!  頼りになる。逞しくて、繊細。
力強くて、爽快。 完成だ。
CRF250 RALLY 2021で、日本を思い切り楽しみたい。
身体の一部のように共感しながら、走りたい。
そんな思いを込めて、創り上げてきたトルク特性が、やっと出来上がった。
一言で言うと『気持ちイー!』

ぜひ、CRF250 RALLY 2021オーナーのあなたに、
このパイプをつけて、日本全国アドベンチャーの旅に出かけて欲しい!
きっと、今までと少し違った風景が目の前に広がると思う。
心を許せるマシンとの一体感を味わってもらえると良いな。

製品が出来上がったら是非どこかで体感して欲しい。
乗ってみて欲しい、そんな風に思っています。

快感体感試乗会 ライドオンキャンペーンの情報はこちらからご覧いただけます。

SP忠男開発チーム

crf250rally_0900.jpg title=

CRF250 RALLY 2021〜編 其の八

★トルク特性と高速域の胸の空く回転の伸びる感覚、最高だね★

ふ〜!  更にパイプの太さを走っては変え、走っては変え、
数え切れないくらい、何度も変えて組み合わせ、 やっと繋がった。
2500rpm付近から5000rpmの谷を超えて、高速域へと・・・・

一貫した気持ちイー! トルク特性と高速域の胸の空く回転の伸びる感覚、最高だね。
逞しいトルクを活かし、林道トコトコツーリングから、
高いギアをホールドで田舎道をト、ト、ト、心地よく優雅に走る。
そして、高速道路の爽快なパワーの伸び、
こんなところをポイントに仕上げていったんだ。かなりいい、ほぼ完成だ。

あと少し、排気ガスの膨張室(BOX)の取り付け位置を調整して、
右手でグリップを回した時のエンジンが追従する感覚を
もう少し、リアルに感じるように調整が出来れば、きっとパーフェクトだと思う。
かなり長かったけど、もう少しだ。そうきっともう少しだ。
完成した状態を思うと、ワクワクするね。

SP忠男開発チーム

crf250rally_0800.jpg title=

crf250rally_0801.jpg title=

CRF250 RALLY 2021〜編 其の七

★上の回転の伸びていく感じが、全くないんだ★

う〜ん、このマシンCRF250Lとの使い方の違いは、
もう少し、ラリーの方が、旅志向なんだよね。
そうすると、もっと高速域の清々しい回転が伸びる感じが欲しいよね!

今は低い回転域のトルクラインに気を使いすぎて、
6000rpmくらいから上の回転の伸びていく感じが、全くないんだ。
ここもちゃんとしておかないと、本来のラリーの良さが生きてこないよね。
結構、難しいじゃん。やり甲斐があるね!

SP忠男開発チーム

crf250rally_0700.jpg title=

CRF250 RALLY 2021〜編 其の六

★うまく仕上げれば谷をうまく消せそうだ★

テストライドした中に部分的ではあるが、とても気持ちイー!特性のパイプを発見した。
トルクラインは現行CRF250Lのものとは似ても似つかない、
グラフ上は全然いけてないラインだ。
しかし、実際の走りと照らし合わせてにみると、
とても理にかなった特性に仕上がっていたんだ。奇跡だね。
走り出した瞬間、CRF250 RALLYの大きな車体にベストマッチングな雄大で大らかな、
悠々とどこまでもどこまでも、走り続けたくなる気持ちになれる、そんな感じだ。
この特性が、クラッチを繋いだ瞬間、ライダーをほっ、とさせるんだ。
これこれ!この特性がpowerboxパイプには大切なキーとなる特性なんだ。
特にライダーとマシンの信頼関係を生み出す、2500rpmから3000rpm付近の俺たちが、
セローの領域と言っている域のトルク特性が、ひとまわりたくましくなって、まったく理想的だ!
そして、この特性は高めのギアを選択し、
ダートをトコトコお散歩気分で走るのに適した絶妙なトルクラインだ。
あと少し、5000rpmに繋がるトルクラインをうまく仕上げれば谷をうまく消せそうだ。
まあしかし、完璧ではない。
あくまで原石の状態なので、まだまだ楽しい開発が続きそうだ。

SP忠男開発チーム

crf250rally_0600.jpg title=

CRF250 RALLY 2021〜編 其の伍

★特徴的な特性を示す数本のパイプが出来上がった★

開発チームは深い迷路に入り込んでしまった様だ。
シャーシダイナモ(出力特性を測定機械)を基準に
理想の走りを想定していくつもの試作を繰り返している。

パイプの太さ全長、太いパイプと細いパイプの長さの割合、を何度も何度も作り替えて・・・・・
しかし、想像している様な、理想的なパワーラインは浮き出てこない。

その中で特徴的な特性を示す数本のパイプが出来上がった。
計測上のトルクラインは決して褒められた様なラインではない。
しかし、手詰まり、このままでは開発が先に進まない。
一旦、テストライドをして、この数本のパイプから今後の開発方針を決めるとするか。

SP忠男開発チーム

crf250rally_0500.jpg title=

crf250rally_0501.jpg title=

CRF250 RALLY 2021〜編 其の四

★5000rpm手前のトルクの谷というか、違和感が増していってしまう。★

まずは、現行CRF250L用POWERBOXパイプを基準に
各部パイプの長さ調整を行い変化を確認していったんだ。
しかし、何をやってもトルクの上昇ポイントが高回転側に移動してしまい、
5000rpm手前のトルクの谷というか、違和感が増していってしまう。
当初は、もっと簡単に結論が出ると思ったのに、そうはいかない様だ・・・。

なんとなく、長丁場になりそうな予感。

SP忠男開発チーム

crf250rally_0400.jpg title=

crf250rally_0401.jpg title=

CRF250 RALLY 2021〜編 其の参

★アクセル開度に対する加速の上昇具合が明らかに良くない★

あれから毎日毎日乗ってみた。
ちゃんと、確認してみて良かった!

やっぱり違うんだ・・・・。
CRF250Lと同じPOWERBOXパイプではダメなんだ。
開発って面白いよね、大切なのは感性。
なんとなく、違和感を感じたら一旦ストップ。
そして探求する、この工程がおもしろい。

さあ、何が違かったか?何が、このままでは、ダメなのか?
まず、POWERBOXパイプに変えて一般道やオフロードをを走った時に1速から3速
う〜ん、ギリギリ4速まではCRF250Lにパイプを交換したときと
気持ちイー! フィーリングは変わらない。
そう、セローの領域だ。綺麗なトルクラインでトコトコ走れてとても気持ちイー!
しかし、5速や6速を使ってアクセルを捻ると、
5000rpmの手前になんとなく加速が滞る感じがするんだ。

普段、普通に乗っているとあまり気が付かない。
けれど、この回転域から加速をし始めると、
アクセル開度に対する加速の上昇具合が明らかに良くない。
10捻って、8加速する感じだ。
求めているのは10捻って、11加速する。
そんな感じ、これはCRF250Lにはなかった、不快だ。

高いギアを選択すると車重にトルクが負けてしまう。そんな感じ
ガソリンタンクが大きくて、満タンにするとこの傾向は特に顕著。
アクセルを開けると車体を前に進める力を、
重心の高さのおかげで、後ろに引っ張る力が働いて弱めてしまう、そんな感じだ。

この感覚はCRF250L時にはなかった。
しかし、このエンジンの5000rpmまでの回転域で変化を創り出すノウハウは持っている。
なんとか、今よりもっと気持ちイー! 走りを引き出したいものだ。

SP忠男開発チーム

crf250rally_0300.jpg title=

CRF250 RALLY 2021〜編 其の弐

★重量配分けっこう違うし、★

ほ〜お!なんの問題もない。
CRF250LのPOWERBOXパイプをつけると、やはり同じエンジンだけあって、
5000rpm以下、4000rpm台までの心細い感覚は
CRF250Lと同じ様に豊かで、心地よい雄大なトルクラインに変化してくれている。

いいね、このままCRF250LのパイプをCRF250RALLY用として販売しても大丈夫じゃないかな。
でも、10Kgの車重差というか、燃料タンクを満タンにした時の重量配分けっこう違うし、
必要とされるトルクの特性がまったく同じってこともないよな・・・・。
もう少し、探ってみるか。

SP忠男開発チーム

crf250rally_0200.jpg title=

crf250rally_0201.jpg title=

CRF250 RALLY 2021〜編 其の壱

★POWERBOXパイプをCRF250 RALLYに付けてみた★

このエンジンと車体の組み合わせとてもいいね! 
大きくて重たい車体なのに、それを感じさせない。
楽しいね、CRF250 RALLY!

車両も来たし、せっかくだから、
まずは CRF250L用に開発をしたPOWERBOXパイプをCRF250 RALLYに付けてみた。
なんの問題もなく、そのまま付く。
さて、その走りはどう変化するんだろう。楽しみだ ・・・。 

SP忠男開発チーム

crf250rally_0100.jpg title=

crf250rally_0101.jpg title=

CRF250 RALLY 2021〜編 序章

★車重も違うし、ポジションも違う★

CRF250Lのパイプを購入されたお客様からの評判を聞いて
最近CRF250RALLYのパイプのリクエストが殺到しているんだ。
毎日の様にメールや電話での問い合わせが届く。
SP忠男期待してくれるんだなぁ〜、って涙が出るほど嬉しいね。

ということで、なんとかこの期待に応えたくて、
CRF250RALLYを手配してみた・・・・・
これ、車重も違うし、ポジションも違う。
きっと、一緒のパイプではダメなんだろうなぁ〜。

SP忠男開発チーム

crf250rally_0000.jpg title=

1 / 11
  • SP 忠男 浅草本店
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。