YZF-R1 | 忠さんのマフラー開発奮闘記

YZF-R1編 其の伍

  • 投稿日時:2018年05月15日
  • カテゴリー:YZF-R1

★ 面白い!早い!最高! ★

 前回の試作モデルに伸びを加え、
さらに「中低速コーナーからの立ち上がりで使用する回転域の
ほんの少し低いところからもう少し強めのトルクを出す」
なんてことを指示しておいた。
これは、立ち上がりの早い段階から速度をのせることで、
開けるタイミングにより発生する中途半端なフロントの
浮きあがりによるバタつきを抑えるためだ。
これに対処するために、開発スタッフはバイパスの設定と
集合部のテーパー角・容積を、徹底的にいじって仕上げたらしい。
それでは乗ってみるか。

 ・・・ウ〜ン思った通り低速から中速にかけてのコーナー立ち上がりで
ガンガン開けてもフロントが安定していてグングン前に出る。
(もちろんここからウイリーに持ち込んでも、
最高にコントローラブルだからばっちり決まるぜ!)
強烈なトルクがあるから、
今までシフトダウンしていたところもシフトダウンなし。
そのままのギアで強いトラクションをかけながら、
自由自在にトレースできる。かなりの高速域でもこの感覚は変わらない。

 面白い!速い!最高!
 右手とリアタイヤが連動しているような感覚。
排気量が200ccぐらい増えたトルクだ。
この強烈なトルクで、優越感さえ感じる。
なにしろこのマフラー、神経質にならない。
ライダーにゆとりを与え、トラクションをかけながら
自由自在にコーナーを楽しめる。
しかも強烈に速い。回転の伸びもキッチリトルクで回しきれる。
高速走行時もトルクを生かした余裕の走りでドーンと前に出る。
これも楽しい。徹底的に走りを面白く、しかも安全に速くする。
まあこれが、本当の”チューニングマフラー”ってやつですかね !!

・・・・・と言うことでR1用 PURE SPORTついに完成 !!
 近日中に発売するからまっててくれよな。

YZF-R1編 其の四

  • 投稿日時:2018年05月15日
  • カテゴリー:YZF-R1

★ 惜しいっっっ! ★

 前回かなり細かいところまで注文を入れたもんで、
一ヶ月ぐらい音沙汰無しで「もうあきらめたかっ」と思いきや・・・!
 来たねぇ〜、テストの連絡が。
さあ、早速乗らせてもらいましょうかね。

・・・んんっ・・・いいね〜かなりいい感じ・・・んんっ・・・?
ア〜〜、惜しいっっっ、伸びがない。
6500rpmからの伸びが、今三歩悔しい!
やっぱりエクザップを外すと難しいよな。
仕方ない、もうひとがんばりしてもおうか。

YZF-R1編 其の参

  • 投稿日時:2018年05月15日
  • カテゴリー:YZF-R1

★「ググッ!」 ★

 さあ、前回は「エクザップのパワーをなめてもらったら困るっ!」って
、きつく言っておいたんだけど、その成果はどうだろう?
 まず外観・・・。
な、な、な、なんだこりゃ!?
さらに凄いスタイルだっ。
こんなの乗れね〜だろう?
「まずは性能、デザインはそれから・・・」って奴ら言うけど、
ほんとっ、まいるね。・・・まあ乗ってみるか!

おお!、いいぞ!、ぐっとくるトルク!
・・・あ、あれ、これだけ?
・・・一瞬にして終わったぜ。

 この、「ググッ!」ってくるトルク感・・・
でも、あとは「ダラ〜」だ。
シャーシダイナモのラインでは、
いっきにピークまでひっぱっているはずなのに、
ピックアップとトルク感は
やっぱり器械まかせには出来ないよな。
耕運機じゃないんだっちゅうのっ。

トルクの出し方、ピックアップの作り方、
そして回転の伸びに至るまで細かく注文を付けて、次回に期待だ。

YZF-R1編 其の弐

  • 投稿日時:2018年05月15日
  • カテゴリー:YZF-R1

★ なめてもらったら困る ★

 俺のオーダーに答えて一発目の試作が上がってきた。
「デザインはめちゃくちゃでも性能はかなりイケるっ!」って、
奴ら言ってたけど、どんなもんかなぁ?
それではテストだっ。

・・・う〜ん、
〜’98用にくらべ、格段に良くなっていると思う。
他のマフラーからの付け替えならみんな納得するだろうけど、
ノーマルからの付け替えだとパンチがないな。
だいたいエクザップをなめてもらったら困るよな。
こと中速まではこいつがめいっぱい利いているんだ。
エクザップを外して、
それ以上のトルクとパワーが出せなければ、販売はなしっ。

さあ、それではもっともっと頑張ってもらいましょうか。

YZF-R1編 其の壱

  • 投稿日時:2018年05月15日
  • カテゴリー:YZF-R1

★ ’00〜YZF-R1 ★

 俺の愛車’98 YZF-R1、
こいつに装着してある初期型PURESPORTは、
強烈なピークパワーと共にかなり低い回転域から反応する、
超高性能なチューニングマフラーだ。
しかし、スズキのR1000にはかなわない。
ピークパワーはいいところまでいっているはずなのだが、
やはり8000rpmまでのパワーで引き離されてしまう。
特にトップに入れたときのトルクが違う。
では、このマフラーを中低速から格段のパワーアップが
図られている2000年以降のR1に装着してみたらどうだろう?
うちのマフラーの場合、
チューニングマフラーの肝のバイパスパイプが干渉して
そのままでは付かないので、少し加工して装着したみた。

・・・ノーマルよりスムーズでそこそこ速いがパンチがない。
回せばパワー感はかなりあるがR1000にはほど遠い・・・。
シャーシダイナモでパワーチェック。
エッ?’98に装着したときには3000rpmくらいから
ノーマルを大きく上回っていたマフラーなのに
’00〜以降のマシンに装着すると
8000rpmまで全ての回転域がノーマルを下回ってしまう。

・・・なーるほど・・・。
良く聞く「’00〜のオーナーがマフラー交換後、
またすぐにノーマルに戻してしまう」って言う話の根拠はここにあるのか!
この状況は把握できた。
それではこの8000rpmまでのトルク&パワーを
徹底的に引き出して、もの凄いマフラーを作ってやろうじゃないか!

YZF-R1編 序章

  • 投稿日時:2018年05月15日
  • カテゴリー:YZF-R1

★ 負けられないからねっ ★

今回、俺の愛車R1のライバル9Rの開発に熱中していたら、
さらに優れたR1を作り出す為のいろいろなヒントが浮かんできた。
新型になってエンジン特性も向上。
これを最大限生かして、かなり凄いマフラーが
できるような予感がするんだ。
GSX1000 Rには負けられないからね!

1 / 11
  • SP 忠男 浅草本店
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。