XMAX | 忠さんのマフラー開発奮闘記

XMAX 其の六

  • 投稿日時:2018年06月06日
  • カテゴリー:XMAX

★70Km/hから上のパワーが全く別次元なんだ★

 気持ちイー!
う〜んいいね!
40Km/hから70Km/hの間の右手、
アクセルに対する車速のノリが綺麗に一致するようになった。
しかも豊かなトルクを上乗せした状態なので
ほんの少しアクセルをひねっただけで
気持ちよく増速していってくれる。
また、このトルクを豊かに引き出したことで
Vベルト式無段変速装置独特のアクセルOFFからONに
切り変えた時のラグがかなり少なくなり
ここでのストレスがまた減少される、これがいい。
なにしろ、」1日乗って感じたことは
スタンダードでもかなり良くできているけど
更にスゥーっとスレスが消えていく
とても快適な特性に仕上がったなぁ〜って感じだ。

70Km/hから上のパワーが全く別次元なんだ。
すごっくはやい、高速に合流するときや高速で右側車線を走るときに
その性能を発揮してくれる。
そうこのゆとりは300cc級だね。
これでいまよりもっとXMAXを好きになってもらえると思うとワクワクするね!

製品は間も無く販売させていただきます。
もう少しお待ちくださいませ。

xmax250_0600.jpg title=

xmax250_0601.jpg title=

XMAX 其の伍

  • 投稿日時:2018年06月01日
  • カテゴリー:XMAX

★人間の体感がものを言う★

 要因がわかれば対応は早い。
まずはメインパイプの長さ太さ、サイレンサー内部の
設定修正で基本的な特性を可能な限り整える。
それが終わったら今度はパワーボックス(膨張室)の取り出し位置、
取り出しパイプの太さ、
そして膨張室の容量を徹底的に変えて試していくんだ。
この辺になるとすでにシャーシダイナモでは
測れない域に達してくる人間の体感がものを言う。

xmax250_0500.jpg title=

xmax250_0501.jpg title=

xmax250_0502.jpg title=

XMAX 其の四

  • 投稿日時:2018年05月31日
  • カテゴリー:XMAX

★微妙にエンジンの反応にズレがある★

 心地悪さの要因がわかった。
右手のアクセル操作に対して
いつも微妙にエンジンの反応にズレがある
ある回転域ではライダーの想像以上に反応し、
またある回転域には反応が鈍いこの感覚が
心地悪さに繋がっているんだ。

ここは常に右手に対して絶妙なタイミングで
安定して追従しなくてはいけないんだ。
ここが開発者の腕の見せ所でSP忠男のFUNは
この特性にいつも期待をしてくれているんだ。

xmax250_0400.jpg title=

XMAX 其の参

  • 投稿日時:2018年05月23日
  • カテゴリー:XMAX

★心地悪さを感じるようになってきたんだ★

 毎日のように乗っていて最近特に感じるようになってきたことがある。
パワーをどんどん上げていくことで
確実に速いスクーターに仕上がってきた。
これはこれでいいことだ。
しかし、40Km/hから60いや次のひと伸びがある
70Km/h付近の間になんだか
心地悪さを感じるようになってきたんだ。
決して遅いわけではない加速も全然悪くない。
でも、なんだか線が細いというか不安定なものを感じるんだ。
ここをなんとかしなければ・・・。

xmax250_0300.jpg title=

XMAX 其の弐

  • 投稿日時:2018年05月21日
  • カテゴリー:XMAX

★出力アップの糸口を見つけ出すことができたんだ★

 まずはシャーシダイナモ(出力特性測定器)を使い基本的な特性を作り上げた、
これには結構苦労させられたXMAXは基本的にかなり高いレベルで
仕上げられたスクーターでマフラーを変えても
性能が落ちる一方で全然パワーを引き上げることができなかったんだ。
でも時間と手間を惜しまずに地味にパイプの長さと太さを探ることで
なんとか出力アップの糸口を見つけ出すことができたんだ。
ここからは実走で感じたことを細かく性能にフィードバックしていくんだ。

xmax250_0200.jpg title=

XMAX 其の壱

  • 投稿日時:2018年05月11日
  • カテゴリー:XMAX

★実際の加速とのタイムラグの短縮★

ヤマハが久しぶりに国内市場にリリースした250ccのスポーツスクーターXMAX
流石にヤマハの新作だ.
どこかT-MAXの血を引き継ぐ高い剛性と
パワフルな走りの素晴らしい完成度に仕上がっている。

XMAXを走らせて感じたのは深いバンク角と同時に
前後ブレーキの素晴らしさ。
通常、小径タイヤのスクーターの場合接地面積の少なさからか
少し強くブレーキをかけるとわりとあっけなくタイヤがロックを起こし
滑り出しABSがすぐに作動してしまう傾向にあるのだが、
XMAX は少し違った思いっきりブレーキを握るとABSのついていない車両のように
ギュギュギュッとタイヤがきしみ音をあげギリギリまでABSの作動を遅らせる。
その後繊細にABSが反応し絶妙に最短距離で車体を止めてくれる。
これはすごい進歩だと感じた。

あと、不満に関してはT-MAX譲りの足つき性の悪さ以外特になにもない・・・
そうこういうマシンは逆に開発の方向性を見出すのに大変なんだ。
通常悪いところを改善することが開発のスタートになるがこれにはそれがない。

そうなると、さらなる加速と通常走行中、変速機構にプーリーを使っている
スクーター独特のアクセルを閉じてからアクセルを開いた時に起こる
実際の加速とのタイムラグの短縮。
この2つを中心に開発の方向を探っていこうと考えている。
これはスクーターに走りの気持ちよさや完成度を引き出すために
重要な手段なんだ、さあがんばるぞ!

xmax250_0100.jpg title=

xmax250_0101.jpg title=

XMAX 序章

  • 投稿日時:2018年05月11日
  • カテゴリー:XMAX

★どんな走りを見せてくれるのか?★

我が社に待ちにまったYAMAHAの久しぶりの250ccスクーターXMAXがやってきた、
さあ、どんな走りを見せてくれるのか?


xmax250_0000.jpg title=

1 / 11
  • SP 忠男 浅草本店
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。