SR400 17 | 忠さんのマフラー開発奮闘記

~2017 SR400編 其の七

  • 投稿日時:2019年02月15日
  • カテゴリー:SR400 17

★ライダーの心の中心から心地よくさせる絶妙な強さでね。★

今回も最初から二重管にすると寸法変更が大変だから、
ストリップタイプの試作を使って開発を行う。
現在、低速域にトルクが出すぎている感じだから
トルクの盛り上がるタイミングをもう少し、もうほんの少しだけ
高回転にずらしたいと思っているんだ。
フライホイールの重さとトルクを
絶妙な強さでシンクロさせたいんだ。
ライダーの心の中心から心地よくさせる絶妙な強さでね。

sr400_20170700.jpg title=

sr400_20170701.jpg title=

~2017 SR400編 其の六

  • 投稿日時:2019年02月05日
  • カテゴリー:SR400 17

★特性をバランスさせるように絶妙なトルクラインを引き出したんだ。★

改めてスタンダードから2018用に開発を行った
POWERBOXパイプを装着すると見事なくらいトルキーだ。
最近あまり乗る機会がないが、確か500ccはこんな感じだったと思う。
これはかなり面白いと思う。
ただ、2018の開発時に決めたコンセプトとは違うものになっている。

2018年モデルは重たいフライホイールの慣性に
うまく特性をバランスさせるように絶妙なトルクラインを引き出したんだ。
その走りは究極のSR400って感じかな。
2000~4000rpmの快適さ、安心感、パルス感、トルク感、サウンド、
SRと人間が完全にシンクロしてライダーを
心の中心からリラックスさせてくれるそんな感じだ。
すると、心が変わる、走りが変わる、景色が変わる、
愛情までが深くなる。本当に気持ちイー!
やっぱり、ここまで詰めたいよな。

sr400_20170600.jpg title=

sr400_20170601.jpg title=

~2017 SR400編 其の伍

  • 投稿日時:2019年02月04日
  • カテゴリー:SR400 17

★2017年にもう一度手をつけなくてはいけないなぁ。★

前回ブログで「あと、もう少し軽快なスポーツ性能に振ったパイプも
一機種あったほうがいいかなぁ・・・」って書いたら
これがまたすごい反響で、ぜひ開発をして欲しい!とか
~2017年専用でもっと開発を煮詰めてほしい!とか
思いのほかたくさんのリクエストを頂いてしまった。

ありがたい ありがたい!
ここまでたくさんのリクエストを頂いたら
2017年にもう一度手をつけなくてはいけないなぁ。
もう一度スタンダードの状態で乗って感覚を思い出そう。

それから2018年用に開発したエキゾーストパイプを着けてっと・・・ あれっ?
今回借りていた車両は走行距離が1万Kmくらい走っていたせいか
マフラーを固定しているナットがスタットボルトに焼き付いているようで全然取れない、
このナット貫通式だから走っている時、埃も入るし、
いつも高温にさらされているから焼きついちゃっているんだな・・・。
よくあることだ。

スタットボルトが折れないように緩めては潤滑剤をスプレーし元に戻し
緩めてはスプレーし元に戻す。
これを少しづつ何度も何度も繰り返してなんとかボルトを折ることなく外すことができた。
しかし少しネジ山が壊れたようなので
ボルト側はダイスを使ってナット側はタップを使って応急処理で直しおいた。

sr400_20170500.jpg title=

sr400_20170501.jpg title=

sr400_20170502.jpg title=

~2017 SR400編 其の四

  • 投稿日時:2019年01月25日
  • カテゴリー:SR400 17

★このパイプを付けるとさらに全くの別物に変化する★

なんとかかんとか2018~のSR400にすっごくパーフェクトな走りを
引き出す凄いエキゾーストパイプを創り出すことが出来た。
本当に何度も諦めようと思ったけど諦めないでよかった。
おかげでオーナーの皆さんにものすごく喜んでもらえている。
よかったよかった。

と言うことで今度は~2017SR400に
このパイプをつけてみて性能のチェックだ。
純正のように新旧共通でいけるのか、設計変更が必要なのかを
この車両で判断しようと思っている。さあどうなるかな?

へ〜! すごいなあ。全く違った特性だ。
そもそも、スタンダードの段階で2018~と~2017とでは全く違うんだけど
このパイプを付けるとさらに全くの別物に変化する。

POWERBOXパイプを付けた2018~モデルはものすごく洗練されて
心地よさと快感が全身を貫く感じなんだけど、
このパイプを~2017モデルに装着するとまるで
SR500って感じだ強力なトルクで車体を前に前に押し出してくれる
一速高いギアを選択しても全く落ち込むこともなくドドドドドって加速をしていく。
スタンダードで4000~5000rpmの若干トルク感の落ち込みを感じ、
ついついアクセル開度が大きくなる回転域もほんの僅か
右手をひねるだけでドドドドドって気持ちイー!加速で駆け抜けていく。
そしてそこを超えるとさらに太いトルクは増大し、
今まで感じたことなかったようなず太い走りを見せつけてくれる。
2018~モデルの洗練された特性とはまったく違いかなりワイルドだ。

同じエキゾーストパイプを使ってこれだけ特性の差が出るのも珍しい。
いずれにしろ~2017モデルにこの性能はありだ。
どちらも特性的には違うけどインジェクションモデルは前年式共通で販売決定だ。

あと、もう少し軽快なスポーツ性能に振ったパイプも
一機種あったほうがいいかなぁなんて少し考えている。
もしそんなのが欲しいってお客様の要望があればすぐに開発を開発するので
facebookでもメールでも気軽に連絡してほいな。

sr400_20170400.jpg title=

sr400_20170401.jpg title=

~2017 SR400編 其の参

  • 投稿日時:2018年11月27日
  • カテゴリー:SR400 17

★ほとんど何の変化もない★

気持ちイー! を求めてあれから何十本作っただろう・・・・
ほとんど何の変化もない
もしかしたらこれはかなり厄介なものに手を出してしまったのかもしれない。
まずいぞ。

こいつに手間取っていたら2018年モデルの車両がやってきた。
ひとまず開発はこの新型に移行しよう。
新型でいい性能を引き出してこの~2017モデルにフィードバックだ。

sr400_20170300.jpg title=

sr400_20170301.jpg title=

sr400_20170302.jpg title=

sr400_20170303.jpg title=

sr400_20170304.jpg title=

sr400_20170305.jpg title=

sr400_20170306.jpg title=

sr400_20170307.jpg title=

sr400_20170308.jpg title=

~2017 SR400編 其の弐

  • 投稿日時:2018年10月12日
  • カテゴリー:SR400 17

★二重管で作ることに決めた★

純正のエキゾーストパイプは
一見ものすごく太いパイプを使っているように見えるが
外してみると中にもう一重パイプが入っていて
排気が通る部分はものすごく細い。
純正はこれで性能を出しているのだから
外見と同じサイズのパイプを使ったのでは
トルクも落ちてスカスカになってしまうことが簡単に予想できる。

そこで一発目の試作は純正よりもさらに太いパイプを外側に
それよりも細いパイプを内側にいれて
二重管で作ることに決めた。
とても手間がかかるが、より現実的だと思うんだ。
さあどんな走りになるか乞うご期待。

sr400_20170200.jpg title=

~2017 SR400編 其の壱

  • 投稿日時:2018年10月11日
  • カテゴリー:SR400 17

★更に気持ちよくなる何かを生み出せればいいな★

SR400久しぶりに乗ったなぁ。
この大きなピストンで少し大きくて重めのフライホイールをまわして
雪ダルマを転がしていくような加速感が嬉しいね。
この味、この味なんだよなSRって。
で、いま俺たちがこのマシンに乗って何を感じているかっていうと
40Km/hくらいから70Km/hの間に
更に気持ちよくなる何かを生み出せればいいなって、
そんな風に感じているんだ。
乞うご期待。

sr400_2017001.jpg title=

~2017 SR400編 序章

  • 投稿日時:2018年10月10日
  • カテゴリー:SR400 17

★最近開発が楽しくてたまらない★

新排ガス規制に対応した2018年モデルSR400の発売を前に
最近開発が楽しくてたまらない。
POWERBOXパイプを2017年までのモデルで創ってみようと思った。
なんとなくSR400オーナーの満面の笑顔が頭に浮かんでいるんだ。
ちょうど、造形社カスタムバーニング編集部から
車両を貸してくれるっていう話があって
そいつで何か気持ちイー! パイプが
生み出せたらいいなって考えているんだ。

sr400_2017000.jpg title=

  • SP 忠男 浅草本店
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。