KLX230 | 忠さんのマフラー開発奮闘記

KLX230編 其の九

  • 投稿日時:2019年12月23日
  • カテゴリー:KLX230

★後はもっさり不快な走り・・・。★

まいった!
激変だぁ。
すごいスタートダッシュ。
しかし、一瞬だけ。

後はもっさり不快な走り・・・。
やっちまった。
さあ、どおする? 元の太さに戻すか?

SPTADAO開発チーム

klx230_0900.jpg title=

KLX230編 其の八

  • 投稿日時:2019年12月22日
  • カテゴリー:KLX230

★パイプの太さにも手を入れたくなってきた★

純正と同じ太さでここまでの性能を引き出した。
このまま製品化へ進めるか・・・
とも思ったが、せっかくここまで来たのだから
究極の気持ちイー!を目指して
パイプの太さにも手を入れたくなってきた。
よしワンサイズ太くしてみるか!

SPTADAO開発チーム

klx230_0800.jpg title=

KLX230編 其の七

  • 投稿日時:2019年12月19日
  • カテゴリー:KLX230

★どの回転域からアクセルを開けても気持ちイー!★

そう、これこれ!
この感じ!
極低速域から湧き上がる上質なトルクラインが
中速そして高速へと綺麗に連携して繋がっていく。
どの回転域からアクセルを開けても気持ちイー!
ただ、このパイプに交換するだけで、
これだけマシンが上質に変貌するなんて
うちのチームは本当にいい仕事してくれるぜ・・・

SPTADAO開発チーム

klx230_0700.jpg title=

KLX230編 其の六

  • 投稿日時:2019年12月19日
  • カテゴリー:KLX230

★中速から高速へと繋がっていかない★

前にずらしてダメならば・・・。
そう、後ろにずらしてみる。
このマシンは少し他のマシンとは違うようだ。
トルクの出だしを少し高回転に移行させるために
今度はBOXを大胆に後方にずらしてみる。

きました、きました。
今度は予想通りトルクの立ち上がりが
めちゃくちゃ気持ちイー! これはいいぞ・・・

おっと?
このトルクが途中で途絶える。
綺麗に中速から高速へと繋がっていかない。
ライダーを高揚させるトルクラインが
途中で途絶えてげんなりだ。
そこから少し回転が上がっていくと、
また元気になっていくのだけれど
あとはBOXの位置で調整だ。
そう18mm前方にずらしてくれ
多分15mmでもなく20mmでもない18mmだ!
頼むぜ!

SPTADAO開発チーム

klx230_0600.jpg title=

klx230_0601.jpg title=

KLX230編 其の伍

  • 投稿日時:2019年12月17日
  • カテゴリー:KLX230

★セオリーとは逆に反応した★

今回はトルクの出始めを少し高回転域に移行させるために
セオリー通りBOXの位置を大胆に前方にずらしてみた。

お・お・は・ず・れ!

セオリーとは逆に反応した。
乗り味が気持ち悪い。
スタートからほんの少しだけトルクが上がり、
後はまったり先細りのトルクライン。

だめだこりゃ。

SPTADAO開発チーム

klx230_0400.jpg title=

KLX230編 其の四

  • 投稿日時:2019年12月17日
  • カテゴリー:KLX230

★BOXの位置はここがベストではない・・・★

BOXをつけることで確かに特性が変わった!
全体的にトルクが上がり豊かな走りに変わった・・・

しかし、BOXの位置はここがベストではない・・・。
そんな感じがする。
トルクの盛り上がりが、もう少し高回転にずれると
高速域まで綺麗に回転が繋がり爽快感が出ると思うんだ、多分。

SPTADAO開発チーム

klx230_0400.jpg title=

KLX230編 其の参

  • 投稿日時:2019年12月10日
  • カテゴリー:KLX230

★上質な特性にはかなりの価値を感じているんだ★

エキゾーストパイプの長さはバッチリ決まった!
ノーマルより若干長め、とりあえず太さは一緒、
劇的な変化はないものの低速域のトルクが
引き出す上質な特性にはかなりの価値を感じているんだ。
この後を引く心地よさは、最後の最後に
このパイプの魅力を大きく高めてくれる武器になることは間違えないね。

しかし、今の状態で低速の魅力以外は
全域にうっすらとパワーアップが見られるだけ
きっとオーナーが乗ってもほとんど感じられないと思うんだ。
あとはボックスをつけて色々位置を変えながら
特性を作っていこうと考えている。
さあ、どうなるかな楽しみだ。

SPTADAO開発チーム

klx230_0300.jpg title=

KLX230編 其の弐

  • 投稿日時:2019年12月09日
  • カテゴリー:KLX230

★もっさりしていて、爽快感に欠ける・・・★

このマシンの出力特性は本当によく出来ている。
オフロードを走ってもオンロードを走っても
非の打ち所が無い高い完成度だ!
こう言った場合、開発のやり方はバランスを崩すところから始まる。
今回は極端にエキゾーストパイプを長く設定し、
低い回転域でのトルクを可能な限り引き出す。
その状態で走って感じたことを
次に作る試作の修正に組み入れる。
さあ、極端に長さを伸ばしたこのパイプがどんな走りを見せてくれるのか・・・

うん、こんな感じか・・・わりといいね!
豊かにトルクを引き出すと走りの質感が上がってくる。
ギアの入りも格段にスムーズになり、
通常のんびり走るには最高の性能だ。
ただ、少しだけペースが上がってくると話が変わる
回転の上がりがどんどんなだらかになって、
もっさりしていて、爽快感に欠ける・・・
伸ばしすぎだ。

SPTADAO開発チーム

klx230_0200.jpg title=

KLX230編 其の壱

  • 投稿日時:2019年11月25日
  • カテゴリー:KLX230

★どんな風にエンジン特性が反応するか探ってみるか★

見た目からしてかなり細いエキゾーストパイプだね。
だいたい、このへんの車種はエキパイを少し太くたくましく見せるために
二重のパイプを使ったりしていることが多いけど、
KLX230は潔いルックス的にはくねくねと貧弱に見えるけど
軽さの追求にはこれがベストだ。

どっちにしろ、Kawasakiのこのエンジンは初めてだから、
まずはパイプを同じ太さで長さを変えて
どんな風にエンジン特性が反応するか探ってみるか。

SPTADAO開発チーム

klx230_0100.jpg title=

klx230_0101.jpg title=

KLX230編 序章 

  • 投稿日時:2019年11月07日
  • カテゴリー:KLX230

★POWERBOXパイプの開発に取り掛かろうか!★

我が社にKLX230がやって来た。かっこいい!
まるでレーサーの様なルックスだ。
ちょっとだけ、顔が大きい気ががするけど、それもいい。
まずは、うちにチームのマイブーム
POWERBOXパイプの開発に取り掛かろうか!

SPTADAO開発チーム

klx230_0000.jpg title=

2 / 212
  • SP 忠男 浅草本店
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。