CRF250RALLY | マフラー開発奮闘記

CRF250RALLY編 其の八

  • 投稿日時:2017年04月26日
  • カテゴリー:CRF250RALLY

★理想の特性に近づいたり、遠のいたり★

BOXを取り払い穴を埋め、またBOXをつける。
BOXを取り払い穴を埋め、またBOXをつける。
この繰り返しを気が遠くなるくらい何度も何度も繰り返した。

おかげで、5000rpm~6000rpmまで回転の違和感を取り払うことができた。
と思ったら、そこからの伸びが芳しくない。
今度はBOXの位置を移動しながらメインのパイプの長さ調整を行い
バランスを徹底的に詰めている。
理想の特性に近づいたり、遠のいたり・・・。

SPTADAO開発チーム

crf250rally0800.jpg title=

crf250rally0801.jpg title=

crf250rally0802.jpg title=


CRF250RALLY編 其の七

  • 投稿日時:2017年04月25日
  • カテゴリー:CRF250RALLY

★回転域に反応する位置を探っていこうと考えているんだ★

やっと、出力特性に変化を与えるツボが見えてきた。
パイプの太さと長さを組み合わせて、
基本的な出力特性を作ってみた。  
あの、3000~5000rpmに感じていたガサガサした感じの
吹け上がりはかなりトゥルルル・・って感じに変わってきた。
ここは結構心地よいぞ。

しかし、まだどうしても5000~6000rpmにある回転の谷というか
淀みにも似た感覚が残っている。
ここを消していきたいんだ。
そのために今度は改めてボックスをつけて
この回転域に反応する位置を探っていこうと考えているんだ。
さあ、どうなっていくんだろう?

SPTADAO開発チーム

crf250rally0700.jpg title=

crf250rally0701.jpg title=


CRF250RALLY編 其の六

  • 投稿日時:2017年04月24日
  • カテゴリー:CRF250RALLY

★ノーマルより悪くはなくても良くはならない。★

太さを変えて 
長さを変えて
ただひたすら、特性の変化が現れる設定を探しまくる。
作っては測り、
作っては測り・・・・・ 
いつもでこの作業が続くのか?

現在、ノーマルより悪くはなくても
良くはならない。

SPTADAO開発チーム

crf250rally0600.jpg title=

crf250rally0601.jpg title=

crf250rally0602.jpg title=

crf250rally0603.jpg title=


CRF250RALLY編 其の伍

  • 投稿日時:2017年04月20日
  • カテゴリー:CRF250RALLY

★どこの回転域にも反応が出ない★

取り急ぎ、以前のデータを引っ張り出して
車重の重いRALLYをイメージして少し低速の回転域を
引き出せるようなレイアウトのパイプを組んでみたんだ・・・。
これがすごい! 

全く、どこの回転域にも反応が出ない。
全くノーマルと変わらない感じだ。
どうなってんだこれは?

SPTADAO開発チーム

crf250rally0500.jpg title=


CRF250RALLY編 其の四

  • 投稿日時:2017年04月17日
  • カテゴリー:CRF250RALLY

★今より少し大きくおおらかな出力特性ができたら嬉しいだろう★

今日も走って走って走って、いろいろ感じることがまとまってきた。
CRF250RALLYはHONDAという大メーカーが
作ってくるもので基本的に問題なんて何もない。

でも感覚的に「ここを少し変えていけばより魅力的になるなぁ〜」、
「もっとあなたに喜んでもらえるのになぁ〜」って、
ところがいくつか感じ取れた。

例えばいつもよく使う3000rpm~5000rpmの間にある
回転の上昇とともに感じる、なんだかガサガサしたエンジンの感覚、
最初はエンジンにあたりが付いて
内部の各部品のカドが取れれば消えるのかな?
なんて思っていたけどどうも違うらしい。
ここは出力特性をきれいに整えることで
HONDAらいトゥルルルっていう気持ちイーパルス感を
引き出せる感じがしている。
いつも使う回転域なのでこれは大きい。
マシン全体の雰囲気、特性的な完成度が全然上がると思うんだ。

あとノーマルの状態より少し低めの6000rpm手前から
強くトルクを引き出すことができたらそれも嬉しいなって感じる。
大排気量のマシンのように高いギアに入れっぱなしで
オートマ感覚で雄大に走っていくCRFRLLYのイメージが頭に浮かんできたんだ。
この大きく快適な車体に見合った、
今より少し大きくおおらかな出力特性ができたら嬉しいだろうなって。

さあまずは、一つ前のCFFを開発した時の莫大なデータがあるから
これをみて以上の内容が実現できそうな叩き台の一本を作ってみようか!

SPTADAO開発チーム

crf250rally0400.jpg title=

crf250rally0401.jpg title=

crf250rally0402.jpg title=


CRF250RALLY編 其の参

  • 投稿日時:2017年04月14日
  • カテゴリー:CRF250RALLY

★少しずつ気になる箇所が増えてきた。★

今日も走って、走って、走って 
少しずつ気になる箇所が増えてきた。

SPTADAO開発チーム

crf250rally0300.jpg title=


CRF250RALLY編 其の弐

  • 投稿日時:2017年04月11日
  • カテゴリー:CRF250RALLY

★今のところ、完璧だね ★

やっぱりオフは楽しいね!
世界中を自由自在に走り回れる
そんなイメージのマシンだ!!
CRF250RALLY なかなかいいぜ!
今のところ、 完璧だね 

crf250rally0200.jpg title=


CRF250RALLY編 其の壱

  • 投稿日時:2017年04月03日
  • カテゴリー:CRF250RALLY

★すごい問い合わせの数なんだ。★

ありがたいね! 
CRF250RALLYを購入したり、オーダー中だったりするオーナー様から
沢山の応援メールやFAXや問い合わせ電話をいただいた。

「CRF250RALLYを購入したら絶対に
SP忠男の”気持ちイー!”を体験したいんだ。」とか
「POWER BOX PIPEを早くつけてみたい。」
「POWER BOX PIPEはいつ発売ですか?」とか
すごい問い合わせの数なんだ。

もうこうなったら、躊躇なんていらないでしょう。
すぐに開発開始だ。
急いで車両の手配をしてくれ!
えっ!?
もう車両入荷してるの?
あっそう。

SPTADAO 開発チーム

crf250rally0100.jpg title=

crf250rally0101.jpg title=


CRF250RALLY編 序章

  • 投稿日時:2017年03月30日
  • カテゴリー:CRF250RALLY

★「気持ちイー」体験をしてもらいたいのはやまやまだけど・・・★

2013年にCRF250LやM用のエキパイのオーナーに
「気持ちイー」を味わってほしくて徹底的に
テストライドを繰り返しものすごい手間をかけて
一所懸命POWER BOX PIPEを開発して生み出したことを思い出した。

このCRF250L/MのPOWER BOX PIPEは発売当初全く売れずに
社内でも失敗してしまったのではないかって囁かれていたんだ。
でもなぜか1年ごとわずかづつ販売を伸ばし
ここ一年くらいはそれが嘘だったかのように
驚異的なヒットを記録しているんだ。
宣伝広告費も出ず全く宣伝をしていないので
口コミだけで広まったって感じかな。

POWER BOX PIPEの開発はものすごく時間がかかるんだけど、
その割に単価が安く利益を生み出すのは難しい。
車両を借りてきての開発でも利益はトントンだが、
CRF250RALLYは全くの新型車これを全開で
徹底的に走りまわす開発用に借りてくるのはとても難しい。
逆に車両を購入してリスクを負ってまで開発するのはとても危険な選択なんだ。

しかし、そんなPOWER BOX PIPEの噂を耳にした
CRF250RALLYユーザーや新型CRF250L/Mのオーナーから
熱いラブコールがガンガン届いてくる。
一人でも多くのライダーに「気持ちイー」体験を
してもらいたいのはやまやまだけど・・・
さあ、どうする・・・どうする。

SPTADAO 開発チーム

crf250rally0000.jpg title=


  • SP 忠男 上野店
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。