SILVER WING GT600 | マフラー開発奮闘記

忠さんの開発奮闘記 SilverWingGT600編 序章

★高性能ないいバイク★

 あることがきっかけで、SILVERWING GT600のマフラーを作る事になった。

とても、高性能ないいバイクなので作るべきなのだろうが、

車両販売台数が極端に少ない車両なので、元はとれないな。

慈善事業だね。

silvergt_00.jpg title=


忠さんの開発奮闘記 SilverWingGT600編 其の弐

★超悪のイメージを盛り込みたい★

 SILVERWING600は、このGTなって

さらに完成度が上がってほれぼれするね! 

でも、その反面少しワイルドさがスポイルされてしまったようにも感じる。

おれはこのSILVERWING600GTに超悪のイメージを盛り込みたい。

そうだな、

ワイルドな加速感、ワイルドなパワー、ワイルドな走り・・・・。

silvergt_02.jpg title=


忠さんの開発奮闘記 SilverWingGT600編 其の壱

★もちろん性能重視だから★

やるからにはちゃんとやるぜ! 

この車両はとても品があってスタイリッシュなデザインをしている。

これを壊さない様に、マフラーはなるべくシンプルにおさめる!

もちろん性能重視だから、エキゾーストパイプの長さを確保するための

ループエキゾーストパイプは必須だ!

そこでT-MAXで使った手法を取る。

silvergt_01.jpg title=


忠さんの開発奮闘記 SilverWingGT600編 其の参

★40Km/hまでの特性にこだわってみるか★

 多分このマシンに乗るライダーは荷物をたくさん積んで

二人乗りでロングツーリングなんていう乗り方を多くするんだろうな・・・・。

と言うことは、まずゼロからの走り出しで

直線的で力強い加速力を引き出すことで

車体の軽さと安定性を引き出すことができるよな、

まずは40Km/hまでの特性にこだわってみるか


忠さんの開発奮闘記 SilverWingGT600編 其の四

★男らしい!ワイルドだ!★

 そうだ!

こんな感じだ!排気量が600ccも有るんだから、これくらい加速をしてこないと嘘だよな!

男らしい!ワイルドだ!

この状態で数時間乗ってみて感じたことがある。それは谷だ・・・・。

ノーマル状態でもプーリーの特性上、発生してしまう加速の中だるみ感。

これを俺たちはパワーの谷って呼んでいる。

この谷がノーマルよりも大きくでてしまっている。

これは、後々問題になるかもしれないな。

silvergt_04.jpg title=


忠さんの開発奮闘記 SilverWingGT600編 其の伍

★プーリーの特性だから?★

 すっごい加速だ! 3つの加速、

0からの加速、

60km/hからの加速、

そして80km/hからの加速。okだ!

ただ1つ、40km/h付近の谷がまだ解決できない、

これはプーリーの特性だから、しょうがないって普通ならあきらめるよな!

確かにこの谷は0にはならない。でも・・・・。


忠さんの開発奮闘記 SilverWingGT600編 其の六

★プーリーの特性だから?★

あれからずっと悩んでた!

40km/hの谷・・・・・、

やっぱり気になる・・・・、そのままには出来ない・・・・。

「どこかにバイパスが入らないか?」

 パワーの谷を消す時によく使う手なんだけど、右と左のエキゾーストパイプを

中間でバイパスさせて排気の脈動をコントロールすることで特性をいじるんだ。

 しかし、これにも問題はある。バイパスさせる位置によっては、

逆に谷を大きくしてしまう。

特に今回のループさせたエキパイには隙間がない。

ちょっとやそっとの技術では形にすることすら、不可能だ。

そして、もし出来たとしても製造に手間がかかる。安くは出来ないぞ!

う〜んどうする?

silver600gt_06.jpg title=


忠さんの開発奮闘記 SilverWingGT600編 其の七

★バイパスを入れるぞ!★

俺たちの使命は、世界中のライダーをワクワクさせること!

そのためには、性能の妥協はできない。

 決断だ! ループの途中にバイパスを入れるぞ!

さあ、どうだ・・・・・。

silver600gt_07.jpg title=


忠さんの開発奮闘記 SilverWingGT600編 其の八

★この形状が走りを際立たせた!

さあどうだ!

あれから、5ミリ単位でバイパス位置をずらし、

30を超える設定を試してもらった。意地だね!

そしてそ、こから導きだされたバイパスの位置はここだ!

silver600gt_08.jpg title=

そう、この位置が谷の形状に大きく変化をもたらしてくれた。

そして、この形状が走りを際立たせた!

silver600gt_0801.jpg title= 

 そして、生まれたのがこのパワーライン。

確かに谷は消えていないだけど乗ってみたら、超グッド!

たのしいぞ〜!!

さあ、これで製品化までにまっしぐらだ。

コストは目一杯かかっている。価格はいくらになる? 

顧客はワクワクしてくれるか?



  • SP 忠男 上野店
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。