FZ8 | マフラー開発奮闘記

FZ8編 序章

  • 投稿日時:2011年04月17日
  • カテゴリー:FZ8

★気軽に乗れるネイキッド★

弊社の営業部トップの木川君が久しぶりにバイクを買った!

どうも優しい奥さんからの許しが出たらしい。

旅好きの木川君の選択は気軽に乗れるネイキッド

デザインにもこだわる彼の選択はFZ8。

巷ではあまり見かけないがめちゃくちゃフレンドリーな良いバイクだ!

彼が目を離した隙に工場にもってきちゃった!

マフラー付けて返したら驚くぞ!

fz8_00.jpg title=

 


FZ8編 其の壱

  • 投稿日時:2012年01月31日
  • カテゴリー:FZ8

★はるかに規制値を越えてくる★

このマシンは営業トップの木川君のマシンだ。

チャちゃか作って、サッさと返そうと思って勝手に借りてきたが、

正直手こずっている。

YAMAHAのバイクは昔からそうなんだけど、音を消すのが難しい。

耳で聞いても全然うるさくないんだけど、

音量計で計ると、はるかに規制値を越えてくる。

無理矢理、音量を抑えるとパワーが見事なくらい簡単に落ちてしまう。

う〜ん、困った!

fz8_01.jpg title=

 


FZ8編 其の弐

  • 投稿日時:2012年01月31日
  • カテゴリー:FZ8

★しっかりとパワーも上がっている★

さあ、何とか性能とサウンドを両立できそうな、

メガホンのサイズを導き出すことが出来た。

シャーシダイナモ(出力特性測定器)では、しっかりとパワーも上がっている。

なかなかいいぞ!

fz8_02.jpg title=

 


FZ8編 其の参

  • 投稿日時:2012年02月14日
  • カテゴリー:FZ8

★どちらかというと特性にこだわるんだ。★

パワーも上がったし、サウンドもそこそこ。

これは期待できるぞって、喜び勇んで乗ってみた・・・・・。

それがもう、ぜ~んぜんだ。まったく面白くない。

というか疲れる特性になってしまった。

元々、ヤマハの出力特性は波打ちながら高回転に登っていくタイプで、

よく昔から言われている三段ロケットタイプだ。

わざわざこういう特性を付けることで、

抑揚をだしてエキサイティングな特性を作っているんだ。

そこにマフラーを付けることで、この波打ち具合が極端になってしまい、

出力特性荒れてしまったんだ。

特性が荒れると走りが不愉快になる、リズミカルに走れ無くなるんだ、

まあだいたいマフラーをかえるとこの特性が強くなるんだけど

ほとんどのマフラーメーカーはデザインとサウンドで売ろうとしているから、

このまま売っているのが現状だ。

だけど、うちのお客さんはまず走ることが好きなんだ。

デザインやサウンドも大切だけど どちらかというと特性にこだわるんだ。

こだわりの特性を求めてうちのマフラーを買っていただく。

だからこそ、ここを外す訳にはいかないんだ。

fz8_03.jpg title=

 


FZ8編 其の四

  • 投稿日時:2012年02月26日
  • カテゴリー:FZ8

★2000rpm前後のパワーラインを整えてくれ★

すっごいなあ。思いっきりパワーがあがってる。

5000rpmからがもの凄い! しかも音量もクリアーしている。

う~ん凄い技術だ・・・・・な ん だ け ど・・・

うちのユーザーはこんな特性は、全く望んでいないんだよね、理解してくれよ!
5000rpmから上のパワーが上がったってあまり意味がない。
全然ワクワクしないんだストレスがたまるだけなんだ!
俺は2000rpm前後のパワーラインを整えてくれって言っているの
2000rpm前後が調えば、このマシンは水を得た魚のように元気になるんだ。
楽しくなるんだ頼むぜ!

fz8_04.jpg title=

 


FZ8編 其の伍

  • 投稿日時:2012年03月06日
  • カテゴリー:FZ8

★ドンツキ感が現れた★

メガホン内の構造を散々いじってみた。

そして、最後はボックスの容量や形状、継ぎ手パイプの太さと長さ

かなりいい感じになってきた。加速体勢の時は思いっきり気持がいい。

右手とリアタイヤが連動する感じは、手に取るように素晴らしい!

ただ、残念なことに2,000rpmから3,000rpmの間を使って一定で走っている時、

ほんの少しアクセルオン,オフするだけでガッツン ガッツンといったドンツキ感が現れた。

これが現れると大変なんだ。

この回転域のパワーラインを整えて行かなければならない。

さあどおする!

fz8_05.jpg title=

 


FZ8編 其の六

  • 投稿日時:2012年03月06日
  • カテゴリー:FZ8

★ドンツキ感が無くなった。★

どうやら、このバイクにはボックス内の排圧調整が2000rpm前後の

パワーラインを整えるのに有効らしい。

ボックス内部に仕切りをいれ、水抜き穴が空いていた場所から、

内側に向けパイプをセットアップ、これにより絶妙なところに排圧を整える。

これが効いてパワーラインがきれいになり、ドンツキ感が無くなった。

これはもう最高に快適だ!

走りが軽い! きれいにふけ上がる!

そして、独特な『グォ~グォ~』って、ワイルドサウンドが最高に気持良い!

い~マフラが出来上がったぞ!

fz8_06.jpg title=

 


  • SP 忠男 上野店
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。