DN-01 | マフラー開発奮闘記

DN-01編・序章

  • 投稿日時:2008年04月11日
  • カテゴリー:DN-01

★変わったバイクだねこれ!★

DN_01_01.jpg title=

今回はさ、HONDAバイクス埜邑さんのご好意で
開発用にDN−01を借りることができたんだ。
用意ができたって言うんで、喜び勇んで車で取りにいってきたよ!
変わったバイクだねこれ!
町中を走ると子供たちが、振り返って指を指すらしいぞ。楽しみだな!

DN_01_02.jpg title=


DN-01編・その壱

  • 投稿日時:2008年04月15日
  • カテゴリー:DN-01

★おおらかな気持ちになれたよ★

乗ってみましたDNー01

な〜んだ、結構ふつうじゃん!!  
近所の町中 
ワインディングに 
高速道路 

う〜ん、いろいろ走ってみたけど、田舎町を50km/h〜90km/hの間で、
ただただ、坦々と走り続けたとき、こいつの良さをひしひしと感じたかな。
な〜んか、少しだけおおらかな気持ちになれたよ。

dn_01_01.jpg title=


DN-01編・その弐

  • 投稿日時:2008年04月16日
  • カテゴリー:DN-01

★サイレンサーの開発をしようと思うんだ★

ずっーと、走って感じたことがあるんだ。
このバイクもう少し加速を上げたら楽しいだろうなって・・・。
でも、実際このポジションで加速力を上げるとハンドルで
体を支えるようになるから以外と不快だろうな、っとも思うんだ。
あともうひとつ。
なんか走っている最中、いつもなにかモヤモヤ感を感じていたんだ何なんだろう・・・。

あ〜そうだ! 
格好は最高にワイルドで近未来的なのに
音が貧弱でメカノイズしかしないんだ!
確かにアイドリングや極低速域では迫力のある音がし
てホンダの開発力の高さを感じるんだけど、
やはり実際に走り出してしまうとエンジンからの
ノイズしか耳に入ってこない。
これがなんかとってもストレスなんだ。

 そこで今回はあえて今までにあまりやってこなかった手法だけど、
音を作るってことでサイレンサー(消音機)の部分に限った開発をしようと思うんだ。

dn01_02.jpg title=


DN-01編・その参

  • 投稿日時:2008年04月16日
  • カテゴリー:DN-01

★驚きだねホンダの底力★

まずは、新車出荷時に装着されている、
消音機(サイレンサー)の性能チェック!
サイレンサーを完璧に外して音をチェックしてみた。

ふ〜ん、そうか。
このままでもふつうに走れそうな音量だな。
規制値には収まらないかもしれないけど、
ほとんどサイレンサー手前の大きな黒いボックスで、消音されているって訳か!

ということは、サイレンサー自体の消音性能は、
あまり高い必要がないってことだよな・・・・!

では、排気効率だけを考えて、
なるべく大きな穴でストレートに排気ガスを抜いてみますか・・・。

結果は?
いいじゃん・・・。
ちゃんと低音が聞いているし、結構ワイルドな音が出ている。
音量はいくつ?
えっ!95dB。
おしいね、規制値は94dB以下だからあと3dBぐらいダウンさせようか!

・・・・こんどは?
92dB
OK!基本はこれで行こうか・・・。

 走りも変わるのかな?
へえ〜!いけるね!
今回サイレンサーをかえることで伸びが出たね。
これが結構、好印象。
今までは50km/h〜90km/hまでが快適ゾーンだったけど、
サイレンサーをかえることで、
これが50km/h〜120km/hまでが快適ゾーンに変化したんだ。
驚きだねホンダの底力。

よ〜しそれでは、
このサイレンサーをたたき台にして、
楽しいサイレンサーを創るとしましょうかね!!

dn01_0301.jpg title=


DN-01編・その四

  • 投稿日時:2008年04月17日
  • カテゴリー:DN-01

★この“穴”はどんな音を轟かせてくれるんだろう★

dn01_0401.jpg title=

 ということで、音と性能はある程度めどが立ったんだ。
そこで問題はデザイン!
これだけ挑戦的なスタイル。
かなりおっかない顔してるフロントマスク。
確かにノーマルのマフラーのデザインはドンピシャリだけど、
そこには“ワル”を感じない。

せっかく、ここまでの面構えをしているんだから。
サウンドと同時にマフラーのデザインも“ワル”をイメージさせたいんだ。

で、俺が考えたのはそいつを見た瞬間“ウワッ”と思わせるデザイン。
“このバイク、エンジンをかけたらどんな爆音を轟かせるのだろう!”って、
おそるおそるでもスターターボタンを
押してみたくなるような誘惑にかられるデザイン!

キーワードは“穴”
・・・・大きな声を出すのは大きな口をしたやつに決まってる!
だから排気口を今まで考えられなかったくらいに
お〜きく設定してもらったんだ。

でもこれが、以外とたいへんで、
今までにそんな大きな穴の型がないから
一から叩き出して作ってもらった。すごいだろ!

一体全体この“穴”は、どんな音を轟かせてくれるんだろう・・・・・。

dn01_0402.jpg title=


DN-01編・その五

  • 投稿日時:2008年07月09日
  • カテゴリー:DN-01

★走ることが楽しくなるサウンドさ★

dn01_05.jpg title=

えっ?
なんで、たかだかサイレンサーを作るだけなのに
こんな時間がかかってるのかって?
毎日のようにメールや電話で問い合わせがくるって!
それはだな〜・・・・・。“音”

 いったん音質にこだわりだすと、
これが結構奥が深くて、なかなかokが出せないんだよ。
室内でいい音が作れたからって、
張り切って、外に出たら全然“音”が変わってしまうし、
空ぶかしで最高の音を出していても、走り出したら下品な音に
変わってしまうとか結構おもしろいのよ!

でも大丈夫。出来たから!!!
最高のサウンド
最高の低音 
この音はこのいかしたマシンにビッタリの迫力と
最高の質感を演出してくれるぜ!
しかもけっしてうるさくない!! 
走ることが楽しくなるサウンドさ!


DN-01編・その六

  • 投稿日時:2008年07月13日
  • カテゴリー:DN-01

★めちゃくちゃ軽いな★

ノーマルのフォルムを崩さずに
しかも、それなりに存在感のあるデザインがだんだんまとまってきたぜ!

ほぼ、デザインが決まったところで、
不意に持ってみたこのサイレンサー・・・軽い!
なんだこれ、軽いじゃん。
見かけはかなりの迫力だけど、
めちゃくちゃ軽いなこれ、これはいい!

dn01_6_1.jpg title=

dn01_06_2.jpg title=


DN-01編・その七

  • 投稿日時:2008年07月15日
  • カテゴリー:DN-01

★このマフラーいくらになるんだ?★

この最高のサウンドに見合った、最高のデザイン!
マフラーのデザインも決まり、
アンダーカウルとマフラーをつなぐ、
エアロパーツをカーボンファイバーで造形。

決まったぜ!
でも、ここまでこっちゃって、
一体全体このマフラーいくらになるんだ?

dn01_7.jpg title=


  • SP 忠男 上野店
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。