忠さんが陣頭指揮をとってマフラーを開発していく実際のストーリー|マフラー開発奮闘記

XMAX 序章

  • 投稿日時:2018年04月21日
  • カテゴリー:XMAX

★実際の加速とのタイムラグの短縮★

ヤマハが久しぶりに国内市場にリリースした250ccのスポーツスクーターXMAX
流石にヤマハの新作だ.
どこかT-MAXの血を引き継ぐ高い剛性と
パワフルな走りの素晴らしい完成度に仕上がっている。

XMAXを走らせて感じたのは深いバンク角と同時に
前後ブレーキの素晴らしさ。
通常、小径タイヤのスクーターの場合接地面積の少なさからか
少し強くブレーキをかけるとわりとあっけなくタイヤがロックを起こし
滑り出しABSがすぐに作動してしまう傾向にあるのだが、
XMAX は少し違った思いっきりブレーキを握るとABSのついていない車両のように
ギュギュギュッとタイヤがきしみ音をあげギリギリまでABSの作動を遅らせる。
その後繊細にABSが反応し絶妙に最短距離で車体を止めてくれる。
これはすごい進歩だと感じた。

あと、不満に関してはT-MAX譲りの足つき性の悪さ以外特になにもない・・・
そうこういうマシンは逆に開発の方向性を見出すのに大変なんだ。
通常悪いところを改善することが開発のスタートになるがこれにはそれがない。

そうなると、さらなる加速と通常走行中、変速機構にプーリーを使っている
スクーター独特のアクセルを閉じてからアクセルを開いた時に起こる
実際の加速とのタイムラグの短縮。
この2つを中心に開発の方向を探っていこうと考えている。
これはスクーターに走りの気持ちよさや完成度を引き出すために
重要な手段なんだ、さあがんばるぞ!

xmax250_0100.jpg title=

xmax250_0101.jpg title=


2018Ninja250編 其の弐

★2018Ninja400用のマフラーがドンピシャなんだ★

改めて、こいつは大変なマシンだ。
サイレンサーの全長を変え太さも変え
内部構造も全て変えて性能を探って行ったのだが
結局たどり着いたのが現在2018Ninja400用に
開発をしているマフラーなんだ。
通常ピストンの直径が違うストロークも違う2台のマシンで
同じマフラーで性能が出るなんてことはあまりないことなんだ。
しかし、このスパルタンな250には
2018Ninja400用のマフラーがドンピシャなんだ!
3000rpm付近から少し太いトルクで立ち上がり
4000rpm付近からは明らかにスタンダードとは違うパワーで
6000,7000と引っ張って行くんだ。そしてピークも・・・。

こうなってくると俄然日本の国内で
走らせることが楽しくなってくる。
しかもなんだか不思議と走りに質感が出てくる。
ワンランク上のマシンを操っているみたいで
とても気持ちがいいんだ!

多分、この特性ならロングのスポーツツーリングだってこなせると思うな。
しかも高回転域のパワーを思いっきり引き出してあるから
少し上の排気量と一緒に走っても大丈夫だ。

あなたが2018Ninja250のオーナーだったら
絶対このマフラーをつけたマシンの快感を一度体感してほしいな。
きっと更にに2018Ninja250が好きになってもらえると思うな。

週末の2018Ninja250に関する快感・体感ライドオンキャンペーンの日程など詳細はこちらから。

商品の詳細はこちら

ninja25020180200.jpg title=

ninja25020180201.jpg title=


2018Ninja250編 其の壱

★最高出力の引き上げにもチャレンジしているんだ★

こいつは大変なマシンだ。
このマシンの一番楽しい回転域で走ってしまうと
常に制限速度を大幅に超えていってしまう。
かといって制限速度内で走ろうとするとなんだか少しもどかしい感じなんだ。

やはり、KawasakiはアジアでクラスNo1の座を取りに来たのだろう。
ターゲットは血気盛んなアジアの若い走り屋たちなのだろうと想像できる。
このすごい走りを日本国内で活かせるようにするために
俺たちの仕事は今よりも少し低い回転域から
パワーを立ち上げなければいけない。
そしてまたアジアでクラスNo1を狙うKawasakiに
敬意を表してさらなる最高出力の引き上げにもチャレンジしているんだ。

ninja25020180100.jpg title=


2018Ninja250編 序章

★高回転高出力タイプのスーパースポーツに仕上がっている★

2018Ninja400に続き、
MSLさんから2018Ninja250を借りてきた!
これが想像以上にスパルタン。
アジアの走り屋たちを魅了する
高回転高出力タイプのスーパースポーツに仕上がっている。

ninja25020180000.jpg title=


春です! 気持ちイー! SP忠男快感体感試乗強化キャンペーン

  • 投稿日時:2018年04月09日
  • カテゴリー:お知らせ

こんにちは~。

SP忠男浅草本店ではSP忠男春の試乗キャンペーン!in浅草を実施しております。

気持ちイー!春です。
SP忠男春の試乗キャンペーン!in浅草
——————————————-
【キャンペーン概要】
・期 間:開催中!(4月1日~5月31日)
・対象者:気持ちイー!走りを体感したいあなた
Z900RS,MT-09 他、皆さんのバイクにおとりつけします
・参加費用:無料(交換費用込み)
(詳細は以下「特典」をご覧ください)
・キャンペーンの申し込み方法:完全予約制
(以下、電話番号よりどうぞ 受付時間10時~19時まで)
(毎週水曜日・第三火曜日定休)
・試乗可能期間:最長4日間
・場 所:東京都台東区花川戸2-17-10:SP忠男 浅草店に来訪願います
———————————————-

どんなキャンペーンなのかと言いますと今この期間、浅草本店では、貴方のオートバイでSP忠男のマフラーを試乗体験が出来ます!もちろん無料、たいへん混雑が予想されるためお早めにご予約ください。

試着マフラーの貸し出しには大変混雑が予想されます、浅草本店で試着をご希望の場合には
店舗まで事前にご予約頂けますようお願い申し上げます。(電話03−3845−2009)

お好きな時にお好きなだけ(お貸出しは最大4日間)自分のオートバイで体感できるのは、浅草本店のみです。
この機会に是非、ご来店をお待ちしております。
スタッフが丁寧にマフラーの特徴についてご案内いたします。

店舗での快感体感試乗体験のお申し込み・お問い合わせ
03-3845-2009(SP忠男浅草本店)

<<<特典>>>

img_0_m.jpg title=

 

Kawasaki /Kawasaki Z900RS (2BL-Z900C)POWERBOX MEGAPHONE

img_2_m.jpg title=

YAMAHA / 2017〜MT-09 ABS POWERBOX FULL “SS”

img_1_m.jpg title=

<<<SP忠男 浅草店>>>

img_6.jpg title=


2018~マジェスティS 序章

★急いで開発に入ります★

さあ、今人気NO1の軽二輪マジェスティSの
最新モデルが我が社にやってきた。
最近、最新型に装着できるマフラーはまだ出ないの?
って、問い合わせがすごいんだ。
ということで急いで開発に入ります。

majestyS20180000.jpg title=


TRICITY125 其の六

★大きなゆとりと安心感を与えてくれる最高の特性だ★

パイプの長さを調整し、サイレンサー内部を変更し、
サブチャンバーBOXの取り出し位置や容量を探求し、
作っては走り、走っては測り、
何度も何度も繰り返して、やっとできた!

高速域に力強く引っ張っていく雄大なパワー、
アクセルOFFからONにしたときのタイムラグを抑え
快適に安全に交通の流れに乗れる特性は
ライダーに大きなゆとりと安心感を与えてくれる最高の特性だ。

そして、何より実用速度域の胸のすく加速力と快感の走り!
この走りはパーフェクトだ。
2018のトリシティ125で欲しかった走りが
すべて満たされている。
一回り大きくなったパワー&ゆとりの加速が出来たトリシティは
最高の相棒になってくれると思うな。
 
忠 

tricity12520180600.jpg title=

tricity12520180601.jpg title=

tricity12520180602.jpg title=

tricity12520180603.jpg title=


TRICITY125 其の伍

★高速の清々しく伸びていく感覚が足りないんだ★

実際に走らせてみた・・・。
まずは信号からのスタート。
うん、いいね。かなり軽くなっている。

信号から一つ目を左折
・・・ 右手とエンジンの連動が素晴らしいスムースに曲がれる

車の後を追従 
・・・ アクセルをほんの少し捻るだけでスゥーっと
前走車両についていける。この特性はNMAXに肩を並べた。
これはすごい、これはいい!
ストレスがスゥーと消えていく! 
ここがスクーターの気持ちイー! を引き出すために
最も重要なポイントここは無事クリアー 

40Km/h~50Km/hからの追い抜き 
・・・充分すぎる加速力だ。
追い抜き時の安心感が全く違う。
これは安全を考えた際にかなり大切なポイントだ。

50Km/hから最高速までの高速の伸び 
・・・うぅ〜む、惜しい。イマイチ。
シャーシダイナモ上でスタンダードより充分出力は上回っている。
確かに最高速もわずかだが伸びた。
しかし、ここの速度域のパワーラインの角度が
若干なだらかになっていたんで、
予測はしていたんだけど案の定、
高速の清々しく伸びていく感覚が足りないんだ。
ここは改善の余地があるぞ。

忠 

tricity12520180500.jpg title=

tricity12520180501.jpg title=

tricity12520180502.jpg title=


TRICITY125 其の四

★理想的なパワーラインを示すようになった★

苦労の甲斐あって
30Km/h~60Km/hの特性が理想的なパワーラインを示すようになった 
これは楽しみだ。
さあ、実際の走行フィーリングはどんなものかな。

tricity12520180400.jpg title=

tricity12520180401.jpg title=


TRICITY125 其の参

★エキゾーストパイプの長さ太さを変えながら、理想的な特性をさがす★

今、30Km/h~60Km/hを中心に
更なるパワーを引き出すために試行錯誤取り組み中!

基本的なエキゾーストパイプの長さ太さを変えながら、
理想的な特性をさがす
シャーシダイナモ(出力特性測定器)を使って
変更後の特性変化を調べる
この作業を何十回となく繰り返す。
場合によっては100回を優に超えて来る。
根気のいる作業だ。

tricity12520180300.jpg title=


1 / 11012345...102030...最後 »
  • SP 忠男 上野店
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。