忠さんが陣頭指揮をとってマフラーを開発していく実際のストーリー|マフラー開発奮闘記

Z900RS編 其の七

  • 投稿日時:2019年04月23日
  • カテゴリー:Z900RS

★最高に高いレベルでバランスさせた最高のマフラーになったと思うな★

いやぁ〜、長かった。 
性能が完璧になると音量が規制値を超える。
音量を規制値に合わせると特性が不快になる。
こんなことを何度も繰り返しながら、少しずつ少しずつ理想に近づけていく。
この作業がたまらなく面白い。

ほんの僅かなパワーラインの差でも
秀逸な走りの気持ち良さを引き出すことができた! 
シフトチェンジを滑らかに変える優れたトルク特性
1200rpm付近から4000rpm手前の最高に気持ちイー! 特性
Z900RSをこの小さなパッケージでよくここまでもって来れたと思うよ!
走りの爽快感、心地よさ、安心感この三つのポイントを
最高に高いレベルでバランスさせた最高のマフラーになったと思うな。

ぜひ 各地に快感体感試乗会 ライドオンキャンペーンで体験できると思うから
一回乗ってみてほしいな。

SPTADAO開発チーム

z900rs0700.jpg title=

z900rs0701.jpg title=

Z900RS編 其の六

  • 投稿日時:2019年04月23日
  • カテゴリー:Z900RS

★大切なのは1200rpm付近から3000rpm台だと思う★

わずかなパワーラインの変化を読み取り、
各部の寸法を修正し、走り感じとる。
地道な作業の繰り返しであの大きなサイレンサーを
着けた時の心地よい感覚を追い求めている。
案外このマシンにとって大切なのは1200rpm付近から3000rpm台だと思う。
この回転域でこのマシンの気持ちイー! 爽快感や心地よさ
そして安心感が決定されるような気がしてならないんだ。
その特性を求めて 来る日も来る日も作業を繰り返す。

SPTADAO開発チーム

z900rs0600.jpg title=

z900rs0601.jpg title=

z900rs0602.jpg title=

z900rs0603.jpg title=

z900rs0604.jpg title=

z900rs0605.jpg title=

Z900RS編 其の伍

  • 投稿日時:2019年04月23日
  • カテゴリー:Z900RS

★規制値クリアーを目指す。★

マフラーで性能を上げるためにはサイレンサー内のパンチングパイプ
(穴の空いた網状の板を丸めたサイレンサーのセンターにある太いパイプ)
の直径をある程度太くしなければならない。
太くすると当然のように音量が大きくなり、規制が通らなくなる。
そこで、わずかに寸法を変えながら絶妙なところで折り合いをつける。

ここ数日間サイレンサー内部の構造で
音量を抑えるためにできることは全てやった。
なんとかノーマルの性能を確保したまま
規制値をクリアーするのにあと1dBまで追いついてきた。
あとはメガホンサイレンサー側面から排気脈動をコントロールして
特性を変化させたり音量を抑えたりする効果があるBOXへの
連結パイプの取り出し位置や太さBOX自体の大きさを変えながら
規制値クリアーを目指す。
出来れば、少しでもマージンを取って性能のプラスに変えていこうと考えている。
しかし、もしここでどうしても音量が落ちなくなったら
メガホンのサイズを一回り大きくするしかない。
ルックスを考えるとそれだけは避けたい、
それにしても先はまだまだ見えないなぁ。

SPTADAO開発チーム

z900rs0500.jpg title=

z900rs0501.jpg title=

z900rs0502.jpg title=

Z900RS編 其の四

  • 投稿日時:2019年04月23日
  • カテゴリー:Z900RS

★規制値クリアーを目指す。★

マフラーで性能を上げるためにはサイレンサー内のパンチングパイプ
(穴の空いた網状の板を丸めたサイレンサーのセンターにある太いパイプ)
の直径をある程度太くしなければならない。
太くすると当然のように音量が大きくなり、規制が通らなくなる。
そこで、わずかに寸法を変えながら絶妙なところで折り合いをつける。

ここ数日間サイレンサー内部の構造で
音量を抑えるためにできることは全てやった。
なんとかノーマルの性能を確保したまま
規制値をクリアーするのにあと1dBまで追いついてきた。
あとはメガホンサイレンサー側面から排気脈動をコントロールして
特性を変化させたり音量を抑えたりする効果があるBOXへの
連結パイプの取り出し位置や太さBOX自体の大きさを変えながら
規制値クリアーを目指す。
出来れば、少しでもマージンを取って性能のプラスに変えていこうと考えている。
しかし、もしここでどうしても音量が落ちなくなったら
メガホンのサイズを一回り大きくするしかない。
ルックスを考えるとそれだけは避けたい、
それにしても先はまだまだ見えないなぁ。

SPTADAO開発チーム

z900rs0400.jpg title=

z900rs0401.jpg title=

Z900RS編 其の参

  • 投稿日時:2019年04月23日
  • カテゴリー:Z900RS

★音が消えない、音が消えない・・・。★

あれから毎日乗ってみた。い〜バイクだ!
まさしくちょっと乗った時に男Kawasakiにしては
シャープすぎるかなって思ったエンジン特性も
ストリートを走ったらGOODだ。 
5000rpm付近からグーンと伸びてくるパワーも
さすがKawasaki!気持ちイー!
ジャパニーズネイキッドならではの完璧な特性に仕上がっている。
これはいい、この完成度はすごい。

で、本題のマフラーだけど・・・。
男KawasakiZ900RSは、やっぱりショートで小さいメガホンでしょって
気合い入れてノーマルよりも短くて、ノーマルよりもうんと細い
スモールサイズのメガホンボディーを選択したが、これが大変。
音が消えない、音が消えない、音が消えない・・・。
まいった。

SPTADAO開発チーム

z900rs0300.jpg title=

z900rs0301.jpg title=

Z900RS編 其の弐

  • 投稿日時:2019年04月23日
  • カテゴリー:Z900RS

★相反する要素が多くて大変なんだ★

まず特性と並行してルックスを決めていく
第一弾はオーソドックスなメガホンタイプのPOWERBOXだ!
なるべく小さくなるべくショートに 
しかも爽快な走りを引き出す。
これけっこう相反する要素が多くて大変なんだ。
頑張るぞ。

SPTADAO開発チーム

z900rs0200.jpg title=

~2009 SR400キャブ仕様編 其の参

★新型のインジェクションのフィーリングを超えている★

しかし、キャブ仕様のSR400はエンジンの温まり具合で微妙に特性が変化する。
この辺も考慮しながら走行チェックをしていくので、
いつもより若干時間がかかる。
パイプによる性能の変化なのか、温度による変化なのか、
微妙なところを確認しながら走るんだ。

ただ、パイプの寸法変更を行った際の出力特性の変化は
インジェクション仕様の車両と傾向は、
ほとんど一緒なので、次の一手が打ちやすいのが助かる。

すでに色々BOXの位置を変更して、ほぼほぼベストなポジションを探しだした。
フィーリングとしては雄大なトルクはすでに
新型のインジェクションのフィーリングを超えている。
前回の右手をひねってから間髪入れずに加速をしていくグイグイの感じから、
ほんのほんのほんの少し、右手の後を追いかけながら、
エンジン回転が上昇していく最高に気持ちイー! 感覚を引き出したんだ。

こういう絶妙な味付けからライダーをリラックスさせて、
爽快で、心地よくて、安心して乗れる気持ちイー! 走りにつなげていくんだ。
さあ、もう少しで出力特性は完成だ。
これが完成したあとは、これをインナータイプのPOWERBOX構造で再現できればOKだ。


sr400carb0300.jpg title=

sr400carb0301.jpg title=

2018〜CB250R編 其の拾弐

  • 投稿日時:2019年04月22日
  • カテゴリー:CB250R 18

★高回転に伸びていかない★

おっと、鈍臭い!
2000rpm付近からトルクが盛り上がり、
全然、高回転に伸びていかない。
耕運機?

cbr25018_1200.jpg title=

2018〜CB250R編 其の拾壱

  • 投稿日時:2019年04月15日
  • カテゴリー:CB250R 18

★3000~5000rpmのトルクアップを目指して。★

まずは基本となるメインパイプの設定は決まった。
シャーシダイナモ上で3000rpm付近からパワーが盛りあがり
ピークまで出力が上乗せされていく・・・
でも走ったらほとんど変化がわからない、大体そんなもんだ。

そこで今度は辺りをつけて、BOX(膨張室)を装着していく。
特性の変化を確認しながら、最初は大胆に
そしてだんだん間隔を詰めて探っていく。
3000~5000rpmのトルクアップを目指して。

cbr25018_1100.jpg title=

cbr25018_1101.jpg title=

20019~ YZF-R25編 其の壱

  • 投稿日時:2019年04月15日
  • カテゴリー:YZF-R25 19~

★とびっきり高性能になっていた★

たくさんのユーザーから今回のYZF-R25は旧タイプとエンジンも型式も全て一緒で
カウリングだけが変わっただけだからマフラーそのままつけちゃうよっていう話をたくさんもらった。
そうなんだ、じゃあ開発しなくてもいいか? 
なんて思いながらもなんだかPOWERBOXパイプの
爽快な性能をR25ユーザーのためにプレゼントしたくて開発に取り掛かったんだ。

まずはノーマル状態のR25に乗ってみてびっくり! 
速い。全然違う。気持ちイー!
セローの時もSR400の時も排ガス対応になって性能が落ちるかと思いきや
とびっきり高性能になっていた。今回もそうだ。
憎いね、 YAMAHAさん。
多分日本国内を走らせたらもっとお快適で最も気持ちイー! 性能になていると思う。
何しろ3000rpmから5000rpmくらいの間の回転域が
しっかりトルクフルですごく扱いやすいんだ。
最近のマシンはみんな東南アジアを意識して
エキサイティングな特性を追いかける分、
日本ではとても乗りづらくなっているんだ。

しかし、今回のR25は全然違う日本国内を走らせても全くストレスを感じない。
さらに高回転域も素晴らしい。
14000rpmのレッドゾーンまで全く濁ることなくクリアーに一直線に回転が登っていく。
今のYAMAHAの技術は恐ろしくすごいね。


yzfr252019_0100.jpg title=

1 / 10812345...102030...最後 »
  • SP 忠男 浅草本店
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。