忠さんが陣頭指揮をとってマフラーを開発していく実際のストーリー|マフラー開発奮闘記

2018~PCX編 其の伍

  • 投稿日時:2018年06月18日
  • カテゴリー:PCX 18

★PCX史上最高の完成度だね★

サイレンサー内部の構造も
メインパイプの長さも太さも行き着くところまでいった感じだ
40Km/hから50Km/hの間にあるアクセルの反応を
気持ちイー!ところまで引き出す事ができた。
これが最高なんだ!

そしてあとは高速域の伸び、これもノーマルよりは断然いい。
でも今ひとつ爽快感にかけるって感じていたんだ。
そこで徹底的にバイパスパイプの位置を変えては走り、
太さを変えては走り、また位置を変えては走り・・・・・
開発スタッフには本当に手間をかけさせてしまって
申し訳なく思ったけど、出来たね!
大きくパワーラインの角度が変わった
やっとお気に入りの爽快な伸びを手に入れる事ができたんだ。

多分あれだね。
スペシャルパーツ忠男のPCX史上最高の完成度だね。
いやホント。
こいつはすごいマフラーに仕上がったと思うよ!

もしあなたがPCXオーナーだったら
どこかの快感体感試乗会ライドオンキャンペーンでこの快感味わってほしいな。
もしかたら今の倍くらいPCXが好きになるかもしれないね。

ライドオンキャンペーンの情報はこちらから。 

pcx20180501.jpg title=

pcx20180500.jpg title=

pcx20180502.jpg title=

pcx20180503.jpg title=

pcx20180504.jpg title=

PCX150 2018 序章

  • 投稿日時:2018年06月18日
  • カテゴリー:PCX150 18

★ノウハウが通用するといいんだけどな★

 さあ、PCX125 2018モデルの開発が佳境になってきたところで
ユーザーからのPCX150に対するマフラーのリクエストがピークに達してきた。
このリクエストが爆発する前に開発に取り掛かろうか!

PCX125を一生懸命開発してきたノウハウが通用するといいんだけどな。

 忠

pcx150_20180000.jpg title=

pcx150_20180001.jpg title=

XMAX 其の六

  • 投稿日時:2018年06月06日
  • カテゴリー:XMAX

★70Km/hから上のパワーが全く別次元なんだ★

 気持ちイー!
う〜んいいね!
40Km/hから70Km/hの間の右手、
アクセルに対する車速のノリが綺麗に一致するようになった。
しかも豊かなトルクを上乗せした状態なので
ほんの少しアクセルをひねっただけで
気持ちよく増速していってくれる。
また、このトルクを豊かに引き出したことで
Vベルト式無段変速装置独特のアクセルOFFからONに
切り変えた時のラグがかなり少なくなり
ここでのストレスがまた減少される、これがいい。
なにしろ、」1日乗って感じたことは
スタンダードでもかなり良くできているけど
更にスゥーっとスレスが消えていく
とても快適な特性に仕上がったなぁ〜って感じだ。

70Km/hから上のパワーが全く別次元なんだ。
すごっくはやい、高速に合流するときや高速で右側車線を走るときに
その性能を発揮してくれる。
そうこのゆとりは300cc級だね。
これでいまよりもっとXMAXを好きになってもらえると思うとワクワクするね!

製品は間も無く販売させていただきます。
もう少しお待ちくださいませ。

xmax250_0600.jpg title=

xmax250_0601.jpg title=

2018~PCX編 其の四

  • 投稿日時:2018年06月04日
  • カテゴリー:PCX 18

★少しアクセルに対する反応が悪い域がある★

 メインパイプの長さや太さ、サイレンサー内部の構造、
そして最後にバイパスの位置などこの組み合わせを
何百回となく変えながら特性を探っていくんだ。

ある程度のところまではシャーシダイナモを使って判断できるんだけど
開発が佳境にないってくると人間の感性でしか判断できなくなってくる。
ここが気持ちイー! の領域だ。

この領域になってくるとテストライダーは
毎日工場に張り付いて設定が変化されるごとに
走行チェックを行うことになる。
とても大変で大切な時間だ。

いまこのPCXはかなり完成の域に達してきている、
豊かなトルクを上乗せして引き出せたので右手で
アクセルグリップをひねった時の速度の増加がとても気持ちイー!
ほんの少しひねっただけでスゥーって速度が伸びていく、快感だ。

しかし、いままだ40Km/hから50Km/hまでの間に
少しアクセルに対する反応が悪い域がある。
そして高速域の伸びが犠牲になっている点もダメだ
さあ、もう少し頑張ろうか!


pcx20180400.jpg title=

pcx20180401.jpg title=

XMAX 其の伍

  • 投稿日時:2018年06月01日
  • カテゴリー:XMAX

★人間の体感がものを言う★

 要因がわかれば対応は早い。
まずはメインパイプの長さ太さ、サイレンサー内部の
設定修正で基本的な特性を可能な限り整える。
それが終わったら今度はパワーボックス(膨張室)の取り出し位置、
取り出しパイプの太さ、
そして膨張室の容量を徹底的に変えて試していくんだ。
この辺になるとすでにシャーシダイナモでは
測れない域に達してくる人間の体感がものを言う。

xmax250_0500.jpg title=

xmax250_0501.jpg title=

xmax250_0502.jpg title=

2018~PCX編 其の参

  • 投稿日時:2018年05月31日
  • カテゴリー:PCX 18

★アクセル操作に対するエンジン回転の反応を高めていくんだ★

やっとPCXの出力ラインが安定してきた。
さあ、これからが開発の本番だ。
まずは全体的な出力アップとともに
40Km/h手前から60Km/h台後半までの
右手のアクセル操作に対するエンジン回転の反応を高めていくんだ。
これによってどんなことが起きるかというと
毎日の通勤などの際に車の後ろを走っている時、
前走する車が加速した際にほんのわずかアクセルをひねっただけで
スゥーとバイクがついていく。
この特性を引き出せるとすっごく快感なんだ。
この特性が案外毎日のストレスをスゥーっと
消していってくれる大きな要因の一つなんだ。
SP忠男のマフラー開発にはこういったポイントをいくつも盛り込む。
これが「気持ちイー!」
SPTADAOって言われる要因なんだ。さあ頑張るぞ。

忠 

pcx20180300.jpg title=

XMAX 其の四

  • 投稿日時:2018年05月31日
  • カテゴリー:XMAX

★微妙にエンジンの反応にズレがある★

 心地悪さの要因がわかった。
右手のアクセル操作に対して
いつも微妙にエンジンの反応にズレがある
ある回転域ではライダーの想像以上に反応し、
またある回転域には反応が鈍いこの感覚が
心地悪さに繋がっているんだ。

ここは常に右手に対して絶妙なタイミングで
安定して追従しなくてはいけないんだ。
ここが開発者の腕の見せ所でSP忠男のFUNは
この特性にいつも期待をしてくれているんだ。

xmax250_0400.jpg title=

XMAX 其の参

  • 投稿日時:2018年05月23日
  • カテゴリー:XMAX

★心地悪さを感じるようになってきたんだ★

 毎日のように乗っていて最近特に感じるようになってきたことがある。
パワーをどんどん上げていくことで
確実に速いスクーターに仕上がってきた。
これはこれでいいことだ。
しかし、40Km/hから60いや次のひと伸びがある
70Km/h付近の間になんだか
心地悪さを感じるようになってきたんだ。
決して遅いわけではない加速も全然悪くない。
でも、なんだか線が細いというか不安定なものを感じるんだ。
ここをなんとかしなければ・・・。

xmax250_0300.jpg title=

2018~マジェスティS 其の参

  • 投稿日時:2018年05月23日
  • カテゴリー:MAJESTYS 18

★余裕の高速パワーだ★

うん大丈夫だ。
しっかりと力強いトルクが出ている
40Km/h~60Km/h付近のトルクが特にいい!
アクセルオフからオンした時のタイムラグの少なさが
スゥーっとストレスを解消してくれている最高だ。

高速走行時でもちゃんと右車線に出ることができる。
余裕の高速パワーだ。
やっぱり、マジェスティSにはPOWERBOX FULLがかかせないね。

製品の詳細はこちらからご覧ください。

majestyS20180300.jpg title=

majestyS20180301.jpg title=

2018~PCX編 其の弐

  • 投稿日時:2018年05月23日
  • カテゴリー:PCX 18

★あたりがついてきたのが原因なんだろうなぁ。★

あれあれあれ? 
やっぱりなぁ〜。

あれから何日かシャーシダイナモに乗せて測っているうちに
どんどん出力特性が変わって来る。
最高出力だってどんどん上がってきた・・・
やっぱりなぁ! 
多分自動変速機の中にある
ウエイトローラー(重り)のあたりがついてきたのが原因なんだろうなぁ。

こうなったら、出力ラインが上げ止まって安定するまで
何十回いやいや何百回まで、走って止まって
あとシャーシダイナモを回し続けるしかないなぁ・・・。

忠 

pcx20180200.jpg title=

1 / 9512345...102030...最後 »
  • SP 忠男 浅草本店
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。