忠さんが陣頭指揮をとってマフラーを開発していく実際のストーリー|マフラー開発奮闘記

GIXXER150sf編 其の伍

  • 投稿日時:2017年05月15日
  • カテゴリー:GIXXER150SF

★結構理想的な出力特性になった★

太いパイプと細いパイプの太さの差を少し大きくしてみた。
さらに太いパイプと細いパイプの長さの組み合わせも色々と変えてみた。

そして走ってみた・・・!
割といい感じだ結構理想的な出力特性になった。

SPTADAO開発チーム

gixxer150sf0500.jpg title=

gixxer150sf0501.jpg title=

gixxer150sf0502.jpg title=


2017 MT-09編 其の伍

  • 投稿日時:2017年05月15日
  • カテゴリー:MT-09 2017

★どんくさくて、まったりしていて、全然話にならない。★

ずぶとくてパワフルでいて、
おおらかな、エキサイティングなのに
ライダーをリラックスさせてくれるはずだったけど

どんくさくて、まったりしていて、全然話にならない。
なんだこりゃ。

SPTADAO開発チーム

mt0920170600.jpg title=


VERSYS-X 250 ABS編 其の壱

★大きな車体が風に押し戻されないくらいにパワーを引き出してあげたいね★

いや〜このマシンすごくいい! 
250ccクラスのアドベンチャーツアラーの中でもNo1クラスの完成度だと思うね。

Kawasakiらしく、カチカチってギアが入るし、
全ての部品の建て付けがとてもいいんだ。
乗っているだけで嬉しくなる。
そして何より振動が少なくて、あとなんていうか底力というか。
トップギアを選択して走っている時にパワフルではないんだけど、
2気筒ってこともあって3000rpmくらいから平気でついてくるんだ。
これはすごい!

じゃあ、こんなに素晴らしいバイクをどんな方向にチューンしていくかっていうと・・・
そうスムーズで振動がなくて快適で、
まるで小さなモーターで走っている感じ
3000~6000rpmの間を使って走っていると快適、
さらにそこから上を使おうとするとなんだか違和感を感じる。
回転はそれなりに上がっていくんだけどパワーがそれに追従していかない感じなんだ。

そこで俺たちが今思っているのはモーターのような3000~6000rpmに
もう少しパワフルに若干高揚感を持って楽しさをプラスしたい。
そして、6000回転から上は高速道路で重要な回転域だから
もっともっとパワフルに車速が乗っていくように
この大きな車体が風に押し戻されないくらいにパワーを引き出してあげたいね。
さあ、先ずは最近人気のエキゾーストパイプで性能だしに頑張るぞ!

SPTADAO開発チーム

versys_x250abs0100.jpg title=


VERSYS-X 250 ABS編 序章

★こいつは2気筒、重たくならないのだろうか・・・?★

我が社にVERSYS-X 250 ABSがやってきた! 
ていうか、このマシン以前から気になっていたんだ。
ユーザーから問い合わせがすごく多いんだ。

Kawasakiの作るアドベンチャーツアラーってどんな感じなんだろう?
ライバルは単気筒なのにこいつは2気筒重たくならないのだろうか・・・?

ということで、また練馬にあるMSLさん にお願いして借りてきた。
このお店は社長の藤木さんと社員の皆さんが
日本中のライダーにオートバイをもっと楽しく乗ってもらおうと
あの手この手を考えてガンガン挑戦しているすごいお店なんだ。

Kawasaki VERSYS-X 250 ABS さあ乗ってみよう! 

SPTADAO 開発チーム

versys_x250abs0000.jpg title=


1 / 10012345...102030...最後 »
  • SP 忠男 上野店
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 平日 10:00~19:00  土日曜/祝日 9:30~18:00
    定休日 毎週水曜日 第三火曜日
  • SP忠男 業販部
  • 〒110-0014 東京都台東区北上野1-7-5
  • 定休日 毎週日曜日 祝日

スペシャルパーツ忠男(SP 忠男)| オートバイ・バイク・二輪車、オリジナルマフラー公式サイト

オートバイのオリジナルマフラーを中心にバイク・二輪車のスペシャルパーツを開発しお届けします。
”気持ちイー!”で世界中のライダーを愉快にさせるために。
MT-09、MT-07、YZF-R25、XSR900などの交換用マフラーを取り揃えています。
オートバイ、バイクのマフラーの交換、カスタムチューニングはお任せください。